焼き型なしで作るカンタン、シンプルな桃のタルトの作り方

「お菓子作りは道具から」
なんて言われますよね。

まぁ、当たってると思います。
それなりのものが揃ってないとやりづらいし。
でも、いくつもいくつも揃えるのはね。。。
お金かかるし。。

そこで今回は、特別な道具なしでできるタルトのご紹介。
焼き型もいりません。オーブンに入る鉄板があればOK。

あとはボールと泡だて器とゴムベラ。それとまな板と包丁。
このくらいはありますよね?

焼いて好きな幅にカットできる長方形で焼いてみたいと思います。
いつもの丸型の焼き型じゃないから、見た目も新鮮。
ベイストリーのように手でつまんでも食べられるしで、お手軽。

「型からちゃんと抜けるかな」なんて心配もいりません。

焼き上がりがちょっと残念になっちゃっても心配しないでください。
見かけをよくする裏技もご紹介します

気持ちもリラックスして楽しんで作れると思いますよ。

~◆~◆~◆~◆~◆~

材 料

冷凍パイシート 1袋
缶詰の黄桃1缶
無塩バター 
(室温に戻しておく)
120g
シュガー100g
1+1(照り用)
アーモンドの粉120g
飾り用アイシング
粉砂糖適量
適量

作り方
オーブンは175~180℃にセット。

❶黄桃は缶を開け、シロップの水分を切ってスライスする。

❷ボウルに室温に戻したバターを入れ、泡だて器でポマード状にする。
砂糖を加え、よくすり混ぜる。
卵を溶き、少しずつバターと砂糖を混ぜた中に加えていく。
良く混ざったら、アーモンドの粉を加え、合わせる。

❸冷凍パイシートは解凍して、小麦粉で打ち粉をし、麺棒で4~5ミリに延ばす。
パイシートは四角い状態で売られていると思うので、そのままの形をキープするとベター。ちょっといびつになっちゃったら後でカット。
既に薄く延してあるパイシートだと、そのまま使えるので便利。

❹パイシートを黄桃の幅+6センチの幅にカット。
長さはあるがままに。

パイシートを一回り大きく切ったッキングシートに乗せ、自分に対して横長に置く。
上下3センチはそのまま。後で折りたたみます。

❺中央のラインにスライスした桃の幅で、アーモンドクリームを薄く塗る。
その上にスライスした黄桃をずらしながら並べていく。

並べ終わったら、上下3センチ分の所に溶き卵を塗り、外側から半分にたたむ。
上、下同じように。

フォークの背に小麦粉をつけながら線を押し付けていく。

残りの溶き卵で、折りたたんで線を付けたところを塗っていく。

❻クッキングシートごと持ちあげて、鉄板に乗せ、オーブンに入れる。
15分から20分。きつね色に焼く。

オーブンから取り出したら、ワイヤーラックに乗せ冷ます。

冷ましている間にアイシングを作る。

❼粉砂糖を小さなボールに入れ、水をほんの少量ずつ加え、よく混ぜる。
(目安は50gほどの粉砂糖に大さじ1程度の水)

焼き上がってお好みの幅にカットしたタルトに、絞り出し袋かスプーンでアイシングで線を描くように絞っていく。

~◆~◆~◆~◆~◆~

いかがでしたでしょうか。

行程の写真があればもっと分かりやすいのでしょうが、一枚しかなくて、文章が長くなってしまいました。

この一枚でも、かなり分かると思います。このスライスした桃の下にアーモンドクリームが塗ってあるということです。

端は卵の糊を付けてたたんで線を付ける。これだけ。

アイシングかけるとそれなり仕上がりますので、難しく考えずやってみるといいと思います。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました