「ああ、ニンジンが一番おいしい」と独り言がでる一品 Vichy Carrots

ニンジンはお好きですか?
私は好きです。
冷蔵庫にないと心配になる野菜の中のひとつ。

生で食べるのも好きですが、「ああ、やっぱりニンジンが一番おいしい」と、食べた時はいつも独り言が出る一品

今回はVichy Carrot/ビシィーキャロットについて書きたいと思います。

Vichy carrot。ニンジンのグラッセです。ニンジンの付け合わせですね。
「ビシィー」も「グラッセ」も両方ともフランス語ですが、英語圏では「ビシィーキャロット」で通ってますね。
ビシィーはフランスの地名で、もともとビシィー地方のしょっぱい鉱水で作られたことから、この名がついたとか。

私は一時ニンジンとマヨネーズの組み合わせが好きで好きで、毎日食べていたことがありました。
ある日、気が付いたら心なしか、手のひらがオレンジ色っぽい。。
ミカンを食べすぎて手が黄色くなるという話はありますが、ニンジンでもなるんですかね?

ちなみに納豆でご飯を食べる時は、ニンジン&マヨネーズがかかせません。
マヨネーズのおかけで、粘りが強く感じられます。

ニンジンはベータカロテンを多く含んでいて、体の中でビタミンAに代わる栄養素。
皮膚などを健康にもたつ効果があり、女性にはちゃんととってもらいたいものです。

ビタミンAは熱に強く、加熱しても壊れることはないそうです。
そして油と一緒に摂ると、吸収率が良くなる。

そんなベータカロテンを琢さん含んだニンジンのおいしい食べ方です。

ニンジンのおいしい食べ方
「ああ、やっぱりニンジンが一番おいしい」と、いつも独り言が出る一品。
材 料(私が作った量)
ニンジン 2本

バター  10g
砂糖   小さじ1
塩    小さじ1/4
コショウ

作り方
❶鍋に皮をむいて、棒状(集めの輪切りでもいいです)に切ったニンジン、水、バター、塩、コショウを入れる。
水の量は、鍋のニンジンの半分又は1/3くらいまで。

❷フタをして、強火にかけ沸騰させます。

沸騰したら中火にして、やや柔らかくなるまで煮る。

❸半分ほど火が通ったら、フタをとり、強めの中火にして、鍋をゆすりながら水分を飛ばしていく。

煮汁が鍋底にちょっと残るくらいまで煮詰め、ニンジンを照りよく仕上げる。

❹火を止めて、刻んだパセリなどを加え合わせる。

色も良いので、いろいろな付け合わせに合います。
それにおいしい!

お試しを。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました