肉なし おからバーガー 高齢の母、今日のランチはこれ 

こんにちは、はまちゃんです。

しばらく更新が滞ってしまいましたが、
これからしばらくは日本からのブログ更新となります。

「ダメだ。このまま貯金を切り崩しては生活出来ない。。」

コロナで仕事を失い、
去年から貯金を切り崩し、
細々と単発の仕事をしながらやってきた。

でももうこれ以上はムリ。

日本へ戻ってきて、ずーっとコソコソしていた私。

だって、イギリス帰りはバイキンのように見られるでしょ?
「変異コロナが見つかった国からきたヤツ」って。
両親の所に居候しても、近所の人に見つからないように。。
「あ、あそこんちのお姉ちゃん、イギリスから帰ってきた」って言われちゃうと思ったから。

ま、仕方ないよね。
日本は差別社会だ。

イギリス出国時、日本入国時と2度のPCR検査を受けた。
そして2週間の自主隔離も無事に終わり。
体調には変わりなく。
検査を受けていない日本人よりマシだと思うのは私だけ?

さて、これからは、ちょっと今までとは違った内容になるかもしれないのでご了承願いたい。
なんたって今は味見かかりがいるので。
そう、高齢の両親。

なので、うちと同じく高齢の方にむけた料理の内容になると思う。
参考にしてくれる人がいると嬉しい。

今日は肉なしのおからバーガーを作ってみたよ。

生おからは29円

昨日、母が医者に行くというので、付き添いで一緒に行ってきた。
思ったより長くかかったが無事終わり。
薬をもらいに処方箋をもっていった薬局は、スーパーの中にあった。

そこで久しぶりに見つけたのが生おから
そのスーパーで豆腐作っているのだろうか?
でなきゃ、足の速い生おからなんて売っていないと思う。

見ると値段は29円。
迷わず買い物カゴに。

今日はその生おからを使って一品作ってみた。

肉なし 生おからのベジバーガー

 

作ってみたのは「生おからを使ったおからバーガー」

普通おからバーガーにはひき肉なんかも入っていると思うが。
これは肉なし。
ベジタリアンバーガーとなる。

当日買い足したのは、

バーガー用のバンズ(バーガー用のパン)。
レタス。

  • バンズは高齢の母も食べられるように、柔らかめのパンを選んだ。
  • そして喉につかえてむせないように、おからのパサパサは押さえないといけない。
  • 幸い「乾燥おから」ではなく「生おから」なので、それほどパサパサ感はない。

調理開始 美味しく出来るかな

作ったのはいたってシンプルなおからバーガー。

使った材料は、

玉ねぎ
生おから

顆粒ダシ

作り方は、

➊玉ねぎのみじん切りをソテー
➋おからと玉ねぎのソテーを合わせ、卵を加えて混ぜる。
➌味付けして、形作って揚げる。

これだけ。

試しにひとつ作って、うまいか食べてみた。
うん、思ったよりパサパサしてなくておいしい。

気を付けたのは、おからなのでけっこう無味。
塩などをそんなに使いたくなかったので、顆粒ダシと塩少々で味付け。
そして、アクセントとなるタルタルソースも作った。

ケッパー
又は
ピクルス

パセリ
マヨネーズ

みじん切りにしたケッパー又はピクルス、
パセリのみじん切りとマヨネーズ、砂糖少々を混ぜ合わせる。

バンズにレタスをしき、おからバーガーを乗せ、タルタルソースをのせてバンズでフタをする。

母の味見

自分では味見はした。
うまいと自分は思う。
さあ、母に食べてもらおう。

箸を出してくるから、「手で食べるんだよー」と食べ方まで指南しなきゃいけない。
一口かぶりつき、あとはそのままムシャムシャ食べてしまった。

「おからだっていうから、もっとパサパサしてるかと思ったけどね」
が母の感想。

うん、やっぱり生おからは乾燥おからよりパサパサしないのか。
顆粒ダシを使って和風にしたのも良かったのかもしれない。

生おから手に入ったら是非やってみたらいいと思うよ。

私が気を付けたポイントをまとめてみると、

  • 高齢者が食べやすいように、小さめで柔らかいバンズを選んだ。
  • おからバーガーは塩をあまり使わず顆粒ダシで和風味に。
  • ソテーした玉ねぎも多めにいれてパサパサ感が出ないように。
  • タルタルソースもつけて味にアクセントをつける。

近くに豆腐屋さんがあったり、生おからが手に入ったら是非やってみてほしい。
和風味のおからバーガーは結構イケる。
これが私の感想だよ。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました