ヴィーガンミートソース フライパン1つ15分

忙しい時は、ご飯はパスタにしている。
という人はいないだろうか?

パスタは、ビーガン、ベジタリアンにとってもメニューに加えやすい。
なんといっても手軽に、早くできるのがいい。

アレンジもいろいろ出来るし、材料がそんなにない時でも
それなりのものができちゃう。

トップの写真は、ある日の私の夕飯である。

15分で完了したヴィーガンミートソース。

毎日毎日、ヴィーガン、グルテンフリーのお菓子レシピを試作しているので、自分のごはんをちゃんと作る時間がない。
そんな時は、いつものあの手。
手抜きパスタ。

今回は乾燥大豆ミートで作ったのだが、
大豆ミートで臭い経験をしたことはあるか?

大豆ミートはくさい?

乾燥大豆ミート

大豆ミートは臭い
という話を聞く。

私の使った大豆ミートもお湯でもどしたら臭かった。
食感もいまいち。

で、「戻しすぎない方がいいんだな」
とわかり、次に水でもどして使ってみた。
その時作ったのも、ヴィーガンミートソース。

もどしたというより洗ったといったほうが良いかもしれない。

臭さはなかった。

今回は究極編。
お湯でもどさず、乾燥のまま調理
してみた、
ヴィーガンミートソースで食べるスパゲッティ。

どうせ、トマトソースとして煮るんだから
もどさなくっていいんじゃね?って。

時短にもなりラクチンだった。
トマトソースも生トマトから作った速攻ソース。
時間のない時にどうぞ。

フライパン1つ、15分ですべて完了のヴィーガンミートソース レシピ

ヴィーガンミートソース

【材 料】

ニンニク1かけ みじん切り
玉ねぎ(小)1/2個 みじん切り
ニンジン玉ねぎと同量 みじん切り
乾燥大豆ミートニンジンと約同量
サラダ油大さじ2
チェリートマト10~15個
トマトピュレ大さじ3~4
トマトケチャップ大さじ1~2
ドライハーブ お好みで小さじ1
塩、こしょう適量
適量 又は約150ml

【作り方】
➊鍋に湯を沸かし始める
その間に玉ねぎ、ニンニクをみじん切り。
ニンニクといっしょにフライパンで炒めはじめる。

➋炒めている間にニンジンをみじん切り。
玉ネギに加え、一緒に炒める。

ここらへんでお湯が沸騰してきたらパスタを投入。
パスタによって茹で時間が違うので、時間を逆算して。
この段階は、普通の太さのパスタ茹で時間。
細目は、もうちょっと後がいい。

➌大豆ミートを乾燥のまま加え炒める。
全体に油がまわったら、
チェリートマト(プチトマト)を4つ割りにしたもの
トマトピュレ
トマトケチャップを加えひと炒め。

水を加え、中火で煮詰める。

細めのパスタの場合はここでパスタ投入。

➍ソースを5分ほど煮て、水気がまだ会い場合は、強火にして水分を程度に飛ばす。
塩コショウをする。

茹で上がったパスタのお湯を良く切り、ソースに投入。
強火で、パスタにソースをからませる。

最後にもう一度味見をして、OKなら出来上がり。

➎皿に盛り、青味をふる。
私の場合はオリーブをのっけてみた。

 

レシピは大切だけど、
結局おいしく作るカギは
自部の味覚だったりするので

分量にこだわらず、味見をしながら作って欲しい。

「なんか美味しくない」
「なんか味がぼんやり」

なんて時は、
塩が足りなかったり、
甘味が足らなかったり

ということがあるので、
味見をして、
なんの味がたりないのか
がわかるとレシピに頼らなくてもおいしいものが作れるようになる。

パスタを手際よく、時間をかけずに作るのには、

全てが一緒に終わる事。

ソースを作ってから、パスタを茹でるお湯を沸かしていたのでは、時間がかかる。
パスタの茹で上がりもソースの出来上がりも、同じになることが理想的。

ついでに洗い物も、チャッチャッと済ませながら作る。
茹で上がったパスタをソースに加え、強火で水分を飛ばしている間に、パスタを茹でた鍋を洗う。

もう1分もかからないことは、ささっと片付けよう。
お腹いっぱいになったら、動きたくなくなるんだから。
パスタの皿1枚洗うんだって、億劫になるだろ?

出来る片付けは、食べるまえに出来るだけ終わらせよう。
要領よくなれば、料理を作るスピードもアップする。