ヴィーガン、グルテンフリーベイキングは、サツマイモを使うべき理由

グルテンフリーのお菓子作り
卵なし、乳製品なしのお菓子作りに困っている人もいるだろう。

子供がアレルギー持ちなんて言う場合は特に。

しかし、卵がなく、小麦粉が使えないとなかなかお菓子作りはうまくいかない。
私がすでに経験済みだ。
試行錯誤、試作を繰り返し、今はそれなりにこうすればいいんだな、というのが分かった。
ただ、おいしくて見かけもよくとなると、それなりに材料も複雑になるばかり。

それほど、卵、小麦粉の役割というのはお菓子作りにおいて大きい。

しかし、今回試作したものは、けっこうシンプルな材料で作れた。

ポイントは「芋」を使うということ。

今回はサツマイモを使ってヴィーガン、グルテンフリーのブラウニーを作ってみた。
その感想を書いてみたい。

ヴィーガン、グルテンフリーのお菓子作りにサツマイモを使う理由

今回、試作をしてみて、
ヴィーガン、グルテンフリーのお菓子作りに芋を使うことをおススメする。

理由は

  • 手に入りやすい
  • 材料がシンプルになる
  • 食べて安全
  • おいしい

✔手に入りやすい
今回私はスイートポテト、サツマイモを使った。
作ってみようと思ったのは、以前の記事でも紹介した、

で、ヴィーガンのおいしいブラウニーを食べたから。
一緒に食べた、かよ子さんも「おいしい」と絶賛。
聞くと(いや、聞いちゃいないが、あっちから言ってきた)
スイートポテト、サツマイモを使っているらしい。

で、私も作ってみようとブラウニーを試作してみた。
サツマイモはいつでもどこでも手に入る。
これがいい。

緑色に見えるのは、抹茶じゃないよ。
実はこれ、青汁の粉末。
あずきも混ぜてみた。

✔材料がシンプルになる
ヴィーガン、グルテンフリーのお菓子作りは、卵、小麦粉の役割りを他の材料でしなくてはならない。
その為、材料が複雑になりがち。

材料を1つにまとめる卵の力
ふんわりと弾力を持たせる小麦粉の力

これらを補うために、さまざまな材料を使い、食品同士の科学変化をおこさせる。
(ベーキング、お菓子作りは科学なので)

それが芋を使うとけっこうすんなりいける。
作るものにもよると思うが、けっこうイケると思う。

✔食べて安全だから
卵なし、グルテンなしのお菓子作り、特にスポンジ系はなかなかシンプルというわけにはいかない。
市販品の卵なし、小麦粉なしのお菓子には少量だが食品添加物が含まれている。
それがキサンタンガムというもの。
少量使うと、あら不思議。
卵を使わなくてもボロボロに崩れない。
私も手元にあるが、アレルギー反応を起こすことが多く見られるため使用を断念した。
その点、サツマイモなら安心。

✔おいしい
理由は何と言ってもこれかな。
まず、はじめに私はカップケーキを作ったのだが。
焼き上がりを食べて、
「うまいな。。」と独りごちた。

やっぱり自然の旨さにはかなわないね。
「おいしい」
これがスイートポテトを使う一番の理由かもしれない。

なぜサツマイモ?

サツマイモをお菓子作りにおススメする理由。
それは、多分。
多分で申し訳ないが。。

でんぷん質

これはヴィーガン、グルテンフリーのレシピ試作を通して私自身が感じたこと。

サツマイモのようにでん粉質が多い野菜は他にもある。

日本食品標準成分表を見て、ジャガイモ、サツマイモ、カボチャを比べてみた。
でん粉(炭水化物)の割合は、サツマイモ、カボチャ、ジャガイモの順で多い。

自然な野菜そのものの甘味を生かす意味でも、サツマイモ、カボチャを使ってみるといいだろう。

残念ながら、ロンドンでは、日本で売っているカボチャを手に入れようと思ったら、日系かアジア系の店に行かなくてはならない。
その為、かぼちゃでは試していないことをご了解いただきたい。

✔でん粉といえば米だって多くの炭水化物を含んでいるじゃないか?
米もでん粉を含んでいる。
だが、米には冷えると固くなるという性質がある。

生米の状態では、分子がぎっしり詰まった状態になっている。
これをミセル構造というらしい。
この生米に水分と熱を加えればモチモチのご飯が炊ける。
しかし、これが冷めると固くなるのは、日本人なら誰だって知っている。
これは冷えて、再びミセル構造を再生するためらしい。

グルテンフリーのスポンジ菓子にサツマイモを使う利点と欠点

✔利点
サツマイモをグルテンフリー菓子に使うベネフィット、利点は、
しっとりが続く
ということがある。
だいたいにおいて、グルテンフリーのお菓子はドライになりやすい。
ビスケットやクッキーはサクサク感が続く。
グルテンフリー粉はビスケットやクッキー作りに合っている。

しかし、スポンジがドライだと、これはいただけない。
水分を含んでいるサツマイモを加えればドライになりにくく、しっとり感が続く。

✔欠点
私は今日試作したばかりだからまだ分からないが。
一般的に、
蒸したり茹でたりした芋は傷みが早い。
なので、作ってすぐ食べきらない場合は冷凍するなどの方法が必要だろう。

まとめ

卵、小麦粉を使わない、ヴィーガン、グルテンフリーのお菓子にサツマイモを使う。
どう思っただろうか。
もうすでに使っている人もいるかもしれない。

他にもでん粉を含んでいる野菜は数多くある。
野菜を変えてみるだけでも、いろんな味が試せて面白いかもしれない。

又、まだ試していなく、ヴィーガン、グルテンフリーのお菓子作りに苦戦しているならば、ぜひ試してほしい。
値段も安価に済むし、食べて安心感がある。
子供に作ってあげるなら、これが一番だろう。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました