材料3つ お手軽カンタンなビーガンデザート

前回は2年前に職場で起きた、「真っ黒バナナ大量発生事件」について書きました。

全記事はこちら





話のあらすじはこうだ。

~◆~◆~◆~◆~◆~

仕事が忙しいときに、バナナ1ケースが業者からデリバリーされた。

バナナを大量に使うメニューも予定もない。
なに用にデリバリーされたのか分からない。

忙しく、バナナにかまけてられず、一緒に働いていたアレックスが冷蔵庫にしまってしまった。
忙しさがひと段落した時には、時すでに遅し。
箱の中のバナナは一本も食べられないまま、真っ黒になってしまった。

返品も出来ず、使い切るしかなかった。
★業務用の大きなトレイいくつかにバナナブレッドをつくる。
★スタッフでおやつにした。

それでも余っている真っ黒バナナ。
残り数房は冷凍庫でとりあえず保存することにした。

~◆~◆~◆~◆~◆~

さて、この真っ黒フローズンバナナを使って何が出来るか?

材料3つ 真っ黒バナナで作ったビーガンデザート作り方

真っ黒バナナで作ったデザート。
出来たのはビーガン対応デザートだ。
バナナ以外で使った材料は、たったの2つ。

それは、

ココナッツミルク
シナモン

砂糖さえ使っていない。

名付けて
「真っ黒バナナで作るココナッツミルクアイスクリーム」だ。

使っているのは、ココナッツミルクとシナモンだけ。
生クリームなどの動物性のものを使っていないので、ビーガンデザートとなる。

~◆~◆~◆~◆~◆~

作り方を見ていこうか。
レシピと言えるものでもない。
計量すらしなかったので、レシピ書こうにも書けないというのが本当のところである。

真っ黒バナナを冷凍庫から出してちょっとおく。

ちょっと緩んだところで皮をむき、フードプロセッサーに入れる。
ちょろっと攪拌し、ココナッツミルクとシナモンを加え、再び攪拌。

攪拌した状態で、シャリシャリになっているのが理想的。

素早く型に流し、冷凍する。
家庭用なら最低数時間が必要だろう。

凍ったら、アイスクリームスクープでスクープし、あれば適当なフルーツをかざる。
今回はブルーベリーを散らしてみた。

出来上がりがトップの写真。
当時撮った写真が見つからなく、インスタグラムの写真を付けてみた。

砂糖を使わないビーガンアイスクリーム その味は?

「これでおいしいのか?」
砂糖は加えていない。

熟したバナナは充分甘いので、あえて砂糖は使わずに作ってみた。
そのかわり、風味で甘くしたかったので、シナモンを加えてみた。

もちろん、市販のアイスクリームみたいには甘くない。
しかし、バナナの自然な甘さが生きている。

なので、作る際のポイントをあげるとすれば、
「バナナが十分熟して甘さを増している事」
が挙げられる

買ってきたバナナを、我慢して真っ黒の完熟バナナになるまで待とう。
そして、冷凍すると良いだろう。

はじめは自分で味見。

そしてキッチンポーターのデイビットにも食べてみてもらった。
彼はイギリス人。
「甘さが足らない」
と言われるかと思ったが、結構気に入った様子。

後にオーナーのシャーロットにも食べさせたが、
「あの時のバナナが!?」
と驚いていた。
食べた彼女は、
「うん、うん、いける」
と、喜んでいた。

ノンビーガン、ベジタリアンデザートにするには
今回はココナッツミルクを使ったビーガンデザートだが、生クリームを使い、砂糖を足し、
ちょっと作り方を変えれば、これまたもうちょっと濃厚なバナナアイスクリームが出来るだろう。
ナッツなんか混ぜ込んでも美味しいかもしれない。

生クリームを使う場合は、フードプロセッサーで攪拌したバナナに、
砂糖とともに泡立てたクリームを混ぜて凍らせてみるといいと思う。

ただ、これは実際試していなく、私の頭の中でイメージして「できるだろう」と思ったことなので、そこのところはご了解いただきたい。

バナナを凍らせて
 ⇓
ココナッツミルクとともに攪拌
 ⇓
再び冷凍
 ⇓
スクープしてフルーツを飾る

これだけのステップなので、いたってカンタンシンプル。

ビーガンのデザートは規制も多く、その為、いろいろな材料が必要になる。
値段だって割高になるだろう。

このバナナアイスクリームは値段もかからず、手間もかからない。
ビーガンの方にデザートを作る事があれば、試してみてはいかがだろうか?

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました