バレンタインデーにチョコは日本だけ? 無理してチョコにしなくていいんじゃね?

こんにちは、はまちゃんです。

ハッと気がつけば2月。
そしてバレンタインデーですね。

お菓子作りや料理が得意な人なら頑張っちゃうイベント。
バレンタインデー。

でも、そうでない人はどうしたらいい?

今回は、別にバレンタインデーにチョコをあげなくてもいいんじゃね?

ってことを書いてみたいと思う。

最後には、ブラウニーのかんたんレシピも書いてあるので、
「手作り、いっちょやってみるか」
という人は参考に。
冷蔵庫に一晩入れると美味しくなる、失敗知らずのブラウニーだぞ。

バレンタインデーにチョコレートは日本だけ

知っている人は知っていると思うけど、

バレンタインデーにチョコレート

これは、日本のみの大きな特徴。

なぜって、これは日本のお菓子メーカによって、販売促進のために作られた集客方法だから。

「バレンタインにはチョコレートを送って老いの告白を」と。

なので、あたりまえだけど、海外ではみんなこぞってチョコレートを買ったり、作ったりはしない。

イギリスでは、やっぱり愛の告白には「花」。

2月14日の4夕方になると、花を手にして帰路を急ぐ人が目立つ。
大忙しは、チョコレートを売る店ではなく、花屋さんなのです。

男性からのプレゼントのほうが多い

そして、2月14日に花束を手にいそいそと帰宅を急ぐのは男性が圧倒的に多い。

日本では、女性から男性へと当たり前に思われているバレンタインデー。
欧米では、男性から女性へ、っていうのが主流だと思われる。
だって、バレンタインデーの日に、チョコレート売り場で熱心に品定めしている女性は見た記憶がない。

レディーファーストの習慣のある国
女は男より三歩下がっての国

この文化的違いが大きく影響していると思われる。

お菓子作れなかったらどうすればいい?

さて、お菓子作りが苦手だったら、どうやってバレンタインデーをのりきろうか?
だいたい、プレゼントする相手が甘いもの苦手ってケースだってあるだろう。

今どき男子は何を考え、何が好きなのか。
若い日本人男子と長らく接する事がなかったので、私もまったくもって分からん。

今回はある講習で一緒になったF君に話を聞いてみた。

もらえるんだったらなんでも嬉しい

なんだか拍子抜けするようなお答えだったが、彼の答えは、
「もらえるならなんでも嬉しい」
だった。
言っておくが、このF君、背は高い、スポーツマン、頭も小さく甘いマスク。
けっこう「イケてる君」である。
そんな彼がちょっとリストアップしてくれたのが、

チョコじゃなくてもいい
クッキー、

たばこ
マスク
欲しかったもの
チョコじゃなくてもいい

など。

特にこのコロナの時期、相手の気持ちを考えれば、「手作りでないほうが良い」こともある。
手作りが苦手なら、市販のチョコレートやお菓子で。

マスクなんかは、特別感がでるように、ちょっと高級なものもアリかも。

花は男性がもらっても嬉しいらしい。

「欲しかったもの」は喜んでもらえそうだが、こちらの予算もあるのでなかなか難しい。
でも本命だったらやってみる価値はあるかも。

ボールひとつ かんたんチョコレートブラウニー

手作り苦手、料理も下手。
でも作ってみたい!
なんて人でもカンタンにできる、失敗知らずのチョコレートブラウニーのレシピを。
冷たく冷やして食べると、しっとりまったりでおいしいブラウニー。
興味のある人は挑戦してみて。

ダークチョコレート
200g

無塩バター
150g

ブラウンシュガー
150g

全卵
4個

小麦粉
45g


小さじ1/4

➊耐熱のボールに刻んだチョコレートとバターを入れレンジで溶かす。
チョコが焦げないように、様子を見ながら、かき混ぜながらチョコとバターを溶かす。

➋溶けたチョコとバターのボールにブラウンシュガーを加え、良く混ぜる。

➌卵を加え良く混ぜる。

➍塩と小麦粉をふるい入れ、滑らかになるまで混ぜる。

➎ベーキングペーパーを敷いた型に流し入れ、170℃に予熱してあるオーブンに入れて15~20分焼く。

冷蔵庫で冷やして翌日の方がおいしい。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました