とうふのボロネーゼを作ってみた。これはイケる!

ベジタリアンの方の中には、もう既に作ってみた人もいるかと思いますが、私も遅ればせながら作ってみました。

『とうふのボロネーゼ』

「豆腐、買わないと無かったかな・・? 」と思い見てみたら棚にあったのでさっそく開始。
(こっちは豆腐は安くないのですよ。。)

大豆はプラントベース食で生活している人にとっては、大切なたんぱく源。

上手に使って体をつくる元となっているタンパク質を摂りたいものです。

日本では安くていつでも手に入るからいいですよね。

こちらで売っている豆腐はいくつか種類がありますが、代表的なものは真空パックになっているもの。

紙のカートンに入っていますが、内側が銀色にコーティングされている。

紙版缶詰みたいな感じ? ま、缶詰と比べると賞味期限は短いですが。

Morinagaと書いてあって、Mのロゴ。あの森永乳業のような気がします。

よーく見てみるとwww.morinu.comとあります。森永乳業ですね!(決めつけ)

~◆~◆~◆~◆~◆~

豆腐は、茹でてから重しをのせて水切り。

手でほぐして細かくして使いました。

そのあと、ベジタブルストック(ブイヨンキューブ)のキューブがあったので、ストックキューブと片栗粉をすりこ木でゴリゴリ。

粉状になったブイヨンと片栗粉パウダーで豆腐をあえてフライパンでジクジク焼く。

いい色になりカリカリになったら、作っておいたトマトソースを加えて沸騰させ、茹でたスパゲッティを加えただけです。

試食はいつものようにランチを兼ねた味見。

~◆~◆~◆~◆~◆~

一番気にしたのは食感。「豆腐感」が出ないように、歯ごたえがあり、chewyな食感にしたかった。

結果は。。。

大満足でした!! 食べた感じは肉の食感に近く、「豆腐っぽさ」はありませんでした。

とうふをフライパンで焼いている時に、「もしかして、片栗粉でなく小麦粉がよかったかな?」などと思いましたが、結果オーライ。

もちろん、小麦粉でもいけると思います。

この感じなら色々なものに応用がききそうです。

ただ、ベジタリアンマーボー豆腐の肉のかわりはちょっとね。

豆腐と、肉の代わりの豆腐ミート(笑) ダブルとうふ!!

又いろいろ作ってみたいと思います。

日本の木綿豆腐なら、もっとそれっぽくなるかもしれません。

はい。今日もごちそうさまでした。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました