湯葉のバンバンジー風サラダ スパイシーピーナッツソース

リクエストをもらったベジタリアンの湯葉レシピ

Face Bookでレシピ材料の質問をしたところ、湯葉のレシピのリクエストをいただきました。
湯葉はベジタリアンやビーガンにとって、タンパク質補給の強い味方です。

この場合は中国版の湯葉なのです。ロンドンで日本の湯葉を手に入れるのはかーなーりー難しい。
中華系はやっぱり強し。

その湯葉を求めてロンドンのチャイナタウンへ行ってきました。
湯葉は二種類あって、「Dried Tofu Knots」という、湯葉を結んだ状態のもの(なのでknots)と、「腐竹」という竹のような感じの乾燥湯葉がありました。

せっかくなのでと、2種類購入。
いろいろとアイディアは浮かびますが、今回はシンプルにサラダに。

それにしても湯葉は薄く、もろくといたイメージがありましたが、中国の湯葉は厚くて噛み応え十分。
ぬるま湯でもどして試食してみた感じは無味でした。
まぁ、湯葉はもともと淡泊な味ですが、生の湯葉と比べると乾燥はこんなになるのかと。

サラダにするのに焼いたり、揚げたりはしませんが、お湯で戻すだけはちょっと・・と思ったので、数分茹でてから使うことに。

湯葉は大豆製品 アミノ酸スコア満点の優れもの

湯葉は御存じ、豆乳から作られる大豆製品。
大豆はタンパク質を豊富に含んでいて、アミノ酸スコアは満点の100。
なので、この湯葉も栄養満点です。
ベジタリアンやビーガンには大豆製品は必須かもしれません。

乾燥の大豆だと8時間以上水に漬け、その後も長時間茹でたりと手間ですが、湯葉ならお湯で戻すだけ。
軽いし、保存も効くので、たんぱく質補給を考えるにはいいですね。

今回のレシピはサラダですが、結構お腹が膨れたのは湯葉のせいでしょうか?
満足感がありました。

はい、まだ言ってませんでしたね。
今回湯葉で挑戦したのは、「湯葉のバンバンジー風サラダ」です。
ソースにはピーナッツバターを使って、ちょっとアレンジしてみました。
それではさっそく作っていきます。

ビーガン 湯葉のバンバンジー風サラダ Vegan Tofu beancurd salad with Spicy peanut sauce
【材 料】2人分
乾燥湯葉「腐竹」30g
キャベツ適量
キュウリ適量
トマト
ソース
ピーナッツバター大さじ3
ショウガみじん切り小さじ1
ニンニクおろし1かけ分
豆板醤小さじ1
しょうゆ小さじ2
ごま油小さじ1
砂糖小さじ2
お湯適量

【作り方】
❶まず、ソースを作る。
小さなボウルに、ピーナッツバター、砂糖、ニンニク、ショウガ、豆板醤を入れて良く混ぜる。
固くても心配しないで。

しょう油を加わえ、さらに混ぜる

固くなっていると思うので、お湯を大さじ1ほど加えて混ぜる。

混ざったら最後にゴマ油とお酢を加え、混ぜる。

❷湯葉、「腐竹」はぬるま湯にひたし、柔らかくもどす。
その後沸騰した湯で2、3分茹でる。

5センチほどの長さに切り、それを縦に棒状に切る。

❸キャベツは塩ゆでし、冷水にとる。
水気を切り、ざく切りにする。

❹キュウリは斜めに薄く輪切りした後、千切りにする。

❺トマトは小さなダイス状に切っておく。

❻皿にざく切りしたキャベツをしき、その上に千切りしたキュウリを盛る。
キュウリの上に、棒状に切った湯葉をのせる。

上からピーナッツソースをかけ、ダイス状に切ったトマトを散らす。

レシピは以上です。

いかがでしょうか。

ご存知、バンバンジーは中華料理ですが、洋皿に盛り、ちょっと盛り付け方を変えてみれば中華サラダには見えませんね?

湯葉は大豆製品 アミノ酸スコア満点の優れもの

噛み応えのある腐竹の湯葉は、サラダと言えども結構満腹になる一品でした。

ソースのメイン材料ピーナッツバターは、製品によって味や甘さが違いますので、味を確認してからレシピの砂糖の量を調整してください。
私の使ったピーナッツバターは甘味の少ないものでした。
ロンドンでは、ピーナッツバターは、ピーナッツを砕いたゴロゴロが入っている「クランチータイプ」とゴロゴロの入っていない「スムースタイプ」が売っています。
今回は、食感を考えてゴロゴロ入りのクランチーを使ってみました。

辛みももっと辛いのが良ければ豆板醤を足してください。

いろいろなアイディアが浮かんでくる湯葉。
これからも何回か登場すると思います。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました