豆乳のスイーツ 豆乳とギドニービーンズの黒糖アガーゼリー

アガーゼリー人気ですね。

私自身そんなにアガー好きではなかったので、その人気にビックリ(*_*)しているところです。

レシピ作りの為、固さのテスト。

水ゼリーというものを作ってみましたが、想像していた以上においしく、口溶けがいいのに「!!」でした。

アガーはゼラチンがきらい、又は食べられないベジタリアンにとって格好の凝固剤。

又、水分を飲み込むのが難しい方への、嚥下食として使われているとか。

アガーはゼラチンと違い、室温でも固まります。

固まるまで待つ時間も短く、食事を作る側にも時短になるのでしょう。

今回はそんなアガーを使いレシピを作成。豆乳と黒糖のアガーゼリーを作ってみました。

簡単にでき、タンパク質が摂取できるスイーツ。

そして、作ってみて思ったのですが、

これはお正月に「おしゃれ和風デザート」として、テーブルに華を添えてくれる一品です。

豆乳のスイーツ 豆乳とギドニービーンズの黒糖アガーゼリー

豆乳は御存じ大豆製品。

大豆にはタンパク質が多く含まれ、アミノ酸スコアは100の優等生。

肉、魚を食べないベジタリアンにはタンパク質は必須でしょう。

今回はそこに、新たに別の豆、缶詰のキドニービーンズを使ってみました。

この豆乳アガーゼリーは、ベジタリアンにとってタンパク質がとれる簡単スイーツです。

固まる時間も短く時短でかんたん。流し入れる器を選べばオシャレな一品に。

アガーを使う時の注意点

アガーを使ってゼリーを作る際の注意点をまとめてみました。

✅固まらない

アガーが溶ける温度は90℃

これ以下で「溶けたかな?」と思っても、温度に達していなければ「固まらない」ことになります。

調理用の温度計があるおウチは少ないと思いまする

アガーを混ぜた液体は、弱火で「沸騰直前」まで温度を上げましょう。

 

✅ダマになりやすい

アガーは液体に混ぜる時、ダマになりやすい。

アガーは砂糖と良く混ぜたところへ、液体を加えましょう。

 

✅アガーを使う分量

アガーの液体を固めるのに必要な分量は、液体の1~2パーセント。

1グラム以下の、小数点で計量できる計りは専門的なものになってしまうでしょう。

そしてアガーの商品によって重さも違うと思います。

例えば調べた結果、ネット上にはこんなふうに出ていました。

しかし、私の手元にあるアガーは小さじ1/2で2gありました。

 

✅アガーゼリーを失敗なく仕上げるために

一番いいのは細かい1g単位で計量できる計りがあればいいのですが、それがない場合は下記の方法で。

アガーは常温でも固まる凝固剤です。

アガーを加えた液体を90℃以上に熱した後、大さじ1くらいをとって、小皿に流してみましょう。

皿の冷たさで温度が下がり、大さじ1くらいの液体はすぐに固まります。

そこで固さをみて調節。器なり、型なりに流しいれてあげるといいと思います。

又、水と砂糖のみのぜりーの場合と、濃度がある豆乳のゼリーの場合は、固まり方も違いますので、この方法はおススメです。

 

✅手早くしないと鍋の中で固まっちゃう

アガーの固まる温度は30~40℃。

鍋の中に入れたまま別のことをしていると、鍋の中で固まり、鍋を型とした大型ゼリーが出来てしまいます。

固さをチェックした後は速やかに型、グラスに流しいれてあげましょう

因みに、一度固まったアガーゼリーが溶ける温度は60℃以上だそうです。

 

それでは「豆乳とギドニービーンズの黒糖アガーゼリー」いってみましょう。

【材 料】小さなググラ2~3個分
キドニービーンズ(小)正味135gありました
砂糖135g
豆乳黒糖ゼリー
豆乳250ml
黒糖大さじ3
アガー2g(私の場合は小さじ1/2でした)
ピスタチオ(お好みで)刻んで少々

【作り方】
❶缶詰のキドニービーンズは柔らかければ、そのまま。
缶の汁を捨て、水でざっと洗い鍋に入れる。まだ固いと思った時は、弱火で水で煮る。
(今回の私がそうでした。缶の汁を捨て、かぶるくらいの水で、指でかんたんにつぶれるくらいまで茹でる)

❷水分を切ったキドニービーンズを鍋に入れ、豆と同量の砂糖を加える。
火にかけ、混ぜながら砂糖を溶かす。
砂糖が溶けたら日から下ろし、タッパーなどに移す。

盛り付けるグラスの底に、キドニービーンズを数個(動画では8個入っています)入れておく。

❸豆乳ゼリーを作る。
鍋に黒糖、アガーを入れ、良く混ざるように混ぜる。
そこに豆乳を加え、黒糖が溶けるようによく混ぜる。

❹弱火にかけ、沸騰直前の90℃まで熱する。

❺小皿に大さじ1ほどのゼリー液を流し、数分おいて固さをみる。

固さがOKなら、鍋にあるゼリー液を器に流しいれる。

❻ゼリーが固まったら、余っているキドニービーンズを3、4個トッピングとしてのせる。

❼刻んだピスタチオ、又はお好きなナッツ、緑の付け合わせをのせる。

まとめとポイント

このキドニービーンズの甘煮が入ることによって、ゼラチンよりも固めのアガーが合っていると思いました。

「豆+寒天」の、昔ながらの日本人感覚でしょうか。

甘く煮た豆とほんのり甘い黒糖豆乳がいいマッチング。口どけもいいです。

アガーゼリーは固くても好きという方は、純粋に液体の1~2パーセントのアガーを入れるといいと思います。

このレシピは柔らかめです。

グラスに流しいれ固めても、又和風の器で固めてもお正月にあうデザートとなりそうです。

お正月にあいそうなのは、やはり「トッピングの豆」の効果だと思います。

小豆でやろうかと考えましたが、トッピングには、ツヤツヤしたキドニービーンズの方が見映えがいいと思いました。

食べられる金箔などつけたら、もうゴージャス。お正月にぴったりです。

おせちなどを小鉢に少しずつ盛って、豆乳ゼリーとともにプレートで提供してあげると、今どきのお正月スタイルが表現できると思います。