ホワイトソルガム粉で作る ココナッツシュガーかりんとうレシピ

先日プレゼントされたココナッツシュガー。
これで何か作れないか。。

そんなことを考えていた。

ココナッツシュガーの甘味は、
なんだか、なつかしい甘味。

濃くって深くって。。

何に合うかなぁ・・?

と、口に残っているココナッツシュガーの
甘味がひとつのイメージを喚起させた。

かりんとう・・・。

そう、あの甘味はかりんとうにぴったり。
そう思った。

どうせならグルテンフリーで作っちゃえ。
カリカリしているかりんとうは米粉でも合うと思った。

しかし、

製菓用米粉はつい先日使い切ってしまった。
他にあるのは、
ひよこ豆粉、
ホワイトソルガム粉。

では、ホワイトソルガム粉で
と作ってみたのが、トップの写真。

できるか、できないか。
分からなかったので、
プロセスの写真は撮っていないが、
レシピをシェアしようと思う。

ホワイトソルガム粉で作る ココナッツシュガーかりんとう

普通かりんとうは揚げてつくる。
オーブンで作るやり方もあるみたいだが。

見てみると「うどん」を使ったり、
「マカロニ」を使ったり。

結局小麦粉の練ったものを油で揚げ、
黒糖の糖衣をまぶしつけている。

これがグルテンフリーの
ソルガム粉で作るとどうなるのか。

まあ、分かりやすいところで書けば、
グルテンがないので、生地がまとまりにくい。

ひとつひとつ手て丸める作業も、
ポロポロと崩れてしまう。

手の中でスリスリと棒状にすると、
ポロポロと崩れ、形を失ってしまう。

まな板の上で、転がして棒状にするのが
やりやすかった。

揚げているうちも、ボロボロに
崩れるのではないかと心配したが、
そんなことはなく、カリカリに揚がった。

崩れやすいグルテンフリーだが、
今回はかりんとうなので、
糖衣をしっかりつけてカバーすれば、
崩れることもない。

今回は糖衣をココナッツシュガーで作った。

最初、ソルガム粉の生地を揚げたものに、
ココナッツシュガーをそのまま
まとわりつかせようとしたか、うまく
くっ付かなかった。

まあ、こうなってくると、かりんとう
というよりは、ドーナッツぽくなってしまうが。

味は、思った通りココナッツシュガーは
かりんとうに合う。
黒糖のような味だ。
旨かった。
一人でポリポリ。
晩ごはんが食べられるか心配だ。

ソルガム粉で作る ココナッツシュガーかりんとう レシピ

【材 料】

ホワイトソルガム粉50g
ベーキングパウダー小さじ1/2
砂糖又はココナッツシュガー10g
サラダオイル小さじ1
大さじ2
★糖衣
ココナッツシュガー大さじ1
小さじ1
【作り方】
➊ボールにホワイトソルガム粉、
砂糖、ベーキングパウダーを合わせ混ぜる。

➋水とサラダオイルを加え、手で捏ねてまとめる。
冷蔵庫に入れて30分くらい休ませる。

➌ソルガム粉かりんとうの生地を冷蔵庫から出して、
小分けし、小さな棒状にする。
この時、手でスリスリするより、
まな板の上でスリスリするとやりやすい。

➍フライパンに揚げ油を熱し、
棒状にまとめたかりんとう生地を、
茶色くなるまで揚げる。

キッチンペーパーなどに上げておく。

➎別のフライパンに、ココナッツシュガーと
水を合わせ火にかける。
フツフツと沸騰させてから、
揚げておいたかりんとうを加え、
フライパンをゆすりながら、
箸で、糖衣を絡めていく。

しっかり煮詰めないと、カリッとしないので
注意。

皿にあけて、冷ましてから食す。

まとめとポイント

ココナッツシュガー

思ったより美味し出来たと思う、
ホワイトソルガム粉のかりんとう。
ポイントは、
かりんとうの生地を、中まで火が入るように、
しっかり茶色くなるまで揚げる事。

糖衣のココナッツシュガーと水を
しっかり煮詰めること。

だと思う。
生地には、10gの砂糖しか入っていないが、
糖衣があるので、甘さは充分。

甘すぎず、やさいしい味のかりんとうになったと思う。

米粉でもできると思うので、手持ちがある方こは是非。

今回のかりんとう作りで、
ココナッツシュガーは、和菓子、和甘味に
あうと感じた。
ただ甘いだけではなく、コクがある。

もしカロリーや血糖値を気にする方は
ココナッツシュガーで、いろいろな
甘味を作ってみたら良いのではないかと思う。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました