サラダにフルーツとナッツを使ってみよう モッツラレラとイチヂク、アーモンドのサラダ

前回はバルサミコ酢を使ってバルサミコソースを作ってみました。
材料ひとつだけのカンタンレシピですよね?

Foodie Kitchen
Foodie Kitchen
https://fooddesignuk.net/foodiekitchen/balsamic-reduction/recipe/
外食できなくてもおウチでベジタリアンを楽しむ方法

今回はこのバルサミコソースを使ってサラダを一品作ってみようと思います。
いつものサラダをカフェ風にするには、プラスαを追加しましょう。

手作りサラダをカフェ風にワンランクアップする方法

それはフルーツとナッツ類
欧米ではナッツやフルーツはサラダに頻繁に使われています。
サラダの葉っぱも数種類混ぜると良い感じになります。

そして、私事ですが、生まれて初めて動画を撮ってみました。
サラダの盛り付けを撮影してみたのですが。。。
なにしろ初めて撮影したので、独り言が入っている、画像が悪い、テキストが小さいなど、いろいろ問題点はありますが、大目に見てやってください。

詳しい説明はレシピに書いておきますので、そちらと合わせてご覧いただけると嬉しいです。

では、さっそくいきましょう。

材 料
●サラダ
(ルッコラとクレソンを混ぜたもの)

●ボコンチーニ
(モッツラレラチーズの赤ちゃん版 小さいボール状がかわいい。なければ普通のモッツラレラをダイスまたはスライス状にカットで十分)

●イチヂク
(チーズと相性のいいイチヂクを使いましたが、実は季節のフルーツではありません。お好みの季節のフルーツ)

●アーモンド
(ローストしたもの。クルミなどでもいいですね)

●バルサミコソース
●オリーブオイル
●ソルトフレーク

サラダにフルーツを使ってみよう

初めて動画を撮った・・・。「サラダにフルーツを使ってみよう」の巻き

Foodie Cameraさんの投稿 2019年8月26日月曜日

盛り付け方
❶ルッコラとクレソンなどのサラダは、冷水に浸し、パリッとしたら水気を切って冷蔵庫に保存しておく。
イチジクまたはお好みのフルーツを食べやすい大きさにカット。
アーモンド、クルミなどのナッツ類は、低温のオーブンでローストして冷ましておく。

❷サラダが映える白い皿をチョイス。実はこれパスタプレートです。
パスタフレートは結構なんにでも使えて便利というのが、私の考え。
パスタはもちろん、スープだっていけるし、今回のようなサラダもOK。デザートにも使えると思います。

まずサラダを少々しいて、その上にイチヂクをポンポンと置いていく。
「なんだ、具が乗ってるのは表面だけか」なんて思われてはいけません。
ボコンチーニのモッツラレラも散らして、その上にサラダを少々。
そして又、イチヂクとモッツラレラを重ねていく。

「全部初めから混ぜればカンタンじゃん」という声が聞こえてきそうです。
うん、自分だけ食べるならいいですよ。
試しに全部ボールの中で混ぜて盛り付けてみてください。
見た目違ってくると思いますよ。

料理を人に出してあげる時は、ちゃんとオシャレさせて出してあげなければ。
見た目も大きな味のうちです。

平たくならずに、こんもり盛るのがおいしそうに見えるコツ。

❸仕上げにバルサミコソースを振りかけ、その上にオリーブオイルを振りかけます。
ローストしたアーモンドとソルトフレークを少々振りかける。

動画では、諸事情でアーモンドを振った上からバルサミコソースとオリーブオイルを振りかけていますが、アーモンドは一番最後がいいですね。
ソルトフレークはMoldon Saltというシーソルトを使っています。
イギリス産。プロのシェフ達が好んで使っているものです。
塩の結晶が美しく、食卓塩よりもマイルド。

仕上げたらサラダがパリッとしているうちに提供しましょう。新鮮さはサラダの命ですからね。

まとめと備考

モッツラレラもルッコラもイタリアのものですから、当然バルサミコソースとオリーブオイルは相性がいいですね。
以前の記事のペストにもよく合います。

Foodie Kitchen
Foodie Kitchen
https://fooddesignuk.net/foodiekitchen/vegan-pesto/recipe/
外食できなくてもおウチでベジタリアンを楽しむ方法
塩気のあるペストと甘みのあるバルサミコソースはコントラストが効いていておいしい一品です。
お友達を招待してランチなんて時は、プラスαのナッツとフルーツでオシャレサラダに仕立ててあげてください。