残り野菜はとりあえずカレーに 紫キャベツのベジタリアンカレー

紫キャベツはサラダ以外にどう使ったらいい?

今回もまたまた残り野菜レスキューレシピになってしまいました。

でも、お宅にもあると思うんですよね。頂き物や安くていっぱい買っちゃって、どうやって違うレパートリーで調理しようかと悩んでいるモノって。

今日登場するのは、以前記事にもした紫キャベツ。英語ではred cabbage、レッドキャベッジです。

紫キャベツのカレー」が今日のお題

ヒントを得たのはインド料理。
インドはベジタリアンがとても多い国です。
そして、スパイスと野菜だけで、あんなに美味しいものが出来ること、作ってて毎回感心するばかりです。

今回やってみて、「残り野菜はとりあえずなんでもカレーにしてみるべきか?」なんて思ってしまいました。
火を通した野菜はカサが減り、いっぱい食べられるので、ベジタリアンでなくても野菜不足の人にはいいですよね。

紫キャベツはその色からもわかるように、抗酸化物質のアントシアニンを多く含んでいます。
抗酸化物質と聞くとアンチエイジング、なんて思い浮かべますが、アントシアニンは目の網膜にあるロドプシンの合成を助けてくれるとか。

よくブルーベリーは目に良い、と言われますが、あれもアントシアニンを含んでいるから。
同じ濃い青紫色をしていますね。

スマートフォンを使うのが日常となっていて、目を酷使している現代。
紫キャベツはそんなに高価でなく、量も多いので、ぜひ食べていきたい野菜ではないでしょうか。

では、紫キャベツのカレー、作っていきます。

【材 料】2人分
赤玉ねぎ(白でもいい)1/2
紫キャベツ1/4玉
トマト小2又は
大1
ショウガおろし親指2つ分
ニンニクおろし2つ分
スパイス
ターメリック小さじ1/2
チリパウダー小さじ1/2
コリアンダーパウダー小さじ1/2
クミンシード小さじ1/2
クミンパウダー小さじ1/2
シナモンパウダー小さじ1/2
生クリーム100ml
生パクチー適量
適量
適量
半熟ゆで卵

【作り方】
❶玉ねぎは繊維に沿ってスライス。
紫キャベツは四つ割りにして、横に3ミリくらいにスライス。
トマトはざく切り

ニンニク、ショウガはすりおろしておく。

❷鍋に少し多めに油を熱し、熱くなったらクミンシードを入れる。
パチパチ音がするので、香りを出す。

❸玉ねぎを入れて炒める。
強めの中火で、うすく茶色く色づくまで炒める。

❹玉ねぎが色づいたら、スパイスを入れていく。
かき混ぜ、香りを出す。

❺スパイスを焦がさないように炒めたらニンニクとショウガを加え、これも香りを出すように炒める。

❻紫キャベツを加え、全体を混ぜ、キャベツに火を入れる。

❼キャベツに油が回り、少々しんなりしたらトマトのざく切りを加える。

❽トマトから水が出る場合はそのまま、水分が少ない場合は水を足して火加減を落として煮る。

❾10~15分煮て、トマトが少々煮崩れ、キャベツがしんなりしたら、シナモン、生クリームを加える。
混ぜ、沸騰させ、3~4分煮たら、塩を加え、味見をし、最後に刻んだパクチーも加えてる。

❿皿にインドの米、パスマティライスがあればそれを、なければいつものご飯を盛り、紫キャベツのカレーも盛り、上に2つに切った半熟卵をのせる。

インドのカレーには、ダシもブイヨンキューブも入っていません。
味の決め手は、野菜をよく炒めること、スパイスの香りを出すこと、そして塩加減です。

ライスはやはり、インドタイプのカレーには、パラパラしたコメが合います。
私は日本人ですから、やはり米は日本のお米が好きです。
でも、サラサラしたタイプのカレーには、やはりパラパラのお米が合いますね。

スパイスはメインとなるもの、いくつか揃えておくと、色々な料理が楽しめます。
興味があったら揃えておくことをお勧めします。

又カレーが登場するかもしれません。残り野菜を使って。。