あまった野菜はピクルスにするのがいいワケ

ほぼ全てに使える保存術

余った野菜どうしてます?

えっ? 余らせない? それは素晴らしい!

でも、もし冷蔵庫の野菜が余りそうだなと思ったら、悪くなる前に保存食としてピクルスにしてみてください。

冷凍するっていうい手もあるけど、モノによっては歯ごたえが悪くなりますよね?

ピクルスは歯ごたえそのまま。特に根菜などの大根や人参。ポリポリおいしいですよね。

お酢だから、この暑い夏の日々、体にとっても良いのは、みなさんご存知の通り。

お酢は大さじ一杯ほど摂取したほうが良い食品ですが、毎日続けないと意味がないのだとか。

私は以前アップルビネガーを水で薄めて飲んでいました。

でも、おいしくないんですよね、酢と水だけって。

で、酢は毎日摂取しないとあまり意味がないと知り、挫折してしまいました。

でも、食事で摂るなら大丈夫そうです。

今日は、なんと!

『キノコのピクルス』です。

キノコのピクルス聞いたことありますか? イタリア料理などでは、よくアンティパストとして出てくるかもしれません。

作り方はカンタンだし、材料も無駄にしないし、体にいい。

もう、作らない理由がない!!

今回、私が作ったのがトップの写真。この後、ペロッといきました(笑)

~◆~◆~◆~◆~◆~

作り方

鍋に白ワインビネガー、水、ニンニクのすりおろし、マスタードシード、チリフレーク(鷹の爪の輪切りでok)、粒コショウ数粒、塩と砂糖を少々。

沸騰させて、スライスしておいたキノコを加え、2、3分火を入れる。

保存瓶にキノコと漬け酢、お好みのハーブとともに入れ、保存する。
私はタイムとローズマリーを使いました。

提供の仕方

小さなボールに、漬け酢を少々入れ、そこへオリーブオイルを掻き立てながら加える。

水気を切ったキノコを加えて、パセリのみじん切りも加え、ざっと和える。

(この時は無かったので使いませんでしたが、タラゴンなんか合うと食べていて思いました。)

これだけです。

使い方はサラダに散らしてもいいし、揚げ物なんかと一緒に提供すれば口の中もすっきりと食事ができるでしょう。

アクセントがあり、強いフレーバーなので、油ものの料理なんかに合うと思います。

あとは、チーズとか卵にも合うかも。

今回はマッシュルームでしたが、いろいろな野菜で試せます。

私は人参のピクルスが好きかな。

酢蓮もおいしいし、なますもいいですよね。

でも、これは日本の酢蓮、なますと比べる甘くありません。

もし、甘いのがよかったら、すし酢で作ってみるといいでしょう。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました