マヨネーズを使わないポテトサラダ レシピ

ポテトサラダは好きだろうか?

日本では、お惣菜コーナーには
必ずといっていいほど、
ポテトサラダがおいてある。

みんな好きなんだろう。

ポテトを茹でて、マヨネーズで和えて。
簡単だし、子供から大人まで大好き。

マヨネーズで作ったポテトサラダ。
美味しいんだけど・・。

なんか安っぽくない?
味も。。

今回は、マヨネーズを使わない
ポテトサラダ
を紹介しようと思う。

日本とイギリス ポテトサラダの違い

日本で人気のポテトサラダ。

このマヨネーズのポテトサラダは、
同じくポテト大好きのイギリスでは、
あまりお目にかからない。

だってカンタンだし?

うん、そもそもお惣菜って
あまりない。

日本のように、
その日に作って、その日に売り切る。

そういうの無いんだな。

イギリスで食べられている
ポテトサラダってどういうんだろう?

だいたい一緒に食べ物が違うから、
ポテトサラダの味も違ってくる。

私はそう思っている。

日本で食べられているポテトサラダは、
だいたい、ご飯のおかず的存在。

イギリスは肉や魚の付け合わせ
としてポテトがあったりするから。

なので、今日紹介するポテトサラダは、
あなたが、洋食風のご飯を作った時に
付け合わせとして作ると良いと思う。

私が合うと思っているのは、
サーモンのグリルとか。

サーモン(塩サケじゃないよ)を
オリーブオイル、ハーブ、ニンニク
にマリネして、そしてグリル。
そんな料理に合うと思う。

ベジタリアンだったら、
野菜のグリルにペストソースをかけて。
その付け合わせにいいと思う。

ポテトは炭水化物なので、
ご飯と一緒、パンと一緒
というのは、あまり好ましくないね。

肉や魚の付け合わせ。

ベジタリアンだったら、
前述したように、
野菜のグリルのペストソース、
キヌア、
そしてこのポテトサラダなんか
組み合わせは良いと思う。

芋だとお腹もふくれるしね、

マヨネーズを使わないポテトサラダ レシピ

いつもと違うポテトサラダ マヨネーズを使わないポテトサラダ

【材 料】 付け合わせとして2人分

新じゃがいも300g
サワークリーム100~150ml
チャイブ又はアサツキ大さじ2+
塩、コショウ

【作り方】
➊鍋に、新じゃがを入れ、水をたっぷりと
塩少々を加え、火にかける。

沸騰したら中火にして、
柔らかくなるまで茹でる。
茹ったらザルにとり、そのまま冷ます。

冷めたら半分、又は1/4、食べやすい大きさに切る。

➋チャイブ又はアサツキは細かい小口切り。

➌ボールに、サワークリーム、
チャイブの小口切りを加え、
塩コショウする。
味をみて、良かったら、
冷まして、切った新じゃがを
加え和える。

皿に盛り、上からチャイブの刻んだものを振りかける。

まとめとポイント

使うジャガイモは、ホクホクの男爵
などより、ねっとりした新じゃがが
合う。


新じゃがいもは、皮が薄いので、
むく必要がない。
ゆでて、皮つきで食べられる。

野菜の栄養は皮に集中している
らしいから、是非皮ごと食べて欲しい。

このサラダに合うのは、クレームフレッシュ
というサワークリームに似たものが合う。

しかし、残念ながら、クレームフレッシュは
日本では手に入りにくい。

その代用で、サワークリームということになる。
クレームフレッシュはサワークリームより、
ちょっと味が濃いと思ってくれればいい。

食べただけだと、まあ、判断はつきにくいと
思うので、サワークリームで全然OKだ。

チャイブは、たくさん入れた方がいいと思う。
チャイブはネギと違って、
そんなにネギ臭くはない。

アサツキでも代用可だが、
今どきはチャイブは、イオンでも
売っているので、チャンスがあったら
見てみて欲しい。

写真は、仕上げにチャイブの刻んだもの、
そしてパブリスパウダーをふりかけてある。

まぁ、なかったら一味唐辛子でもいいぞ。

味は、マヨネーズで作るポテトサラダよりも、
上品で、高そうな味。(笑)

酸味があるのは、マヨネーズと同じだが、
まろやかさがある。
その為上品に感じるのだろう。

普通のジャガイモを半分つぶしたような
いつものポテトサラダよりも、
見た目も違うので、ポテトの味が
よくわかるサラダといってもいいかもしれない。

サワークリーム見つけて、
何に使おう
なんて思ったら、是非試してほしい。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました