納豆+の組み合わせから分かる美味しいものを作る料理力

「今晩は贅沢に納豆でごはんにしようかな」
これは、ロンドンにいた頃の私の生活。

日本で安い納豆も、海外では貴重な食べ物。
せっかく食べるなら、おいしく食べたい。
そんな海外在住日本人もいることと信じている。

日本人に身近な納豆。
納豆を食べる時の組み合わせのあれこれを、考えていたら、
「これって美味しいものを作るための料理力を凝縮したようなもんだ」
と、フッと思った。

ごはんと納豆。
そこに何を組み合わせたら、もっとおいしく食べられるのか。
これは、料理における

材料の組み合わせ
味の組み合わせ

の縮図のようだ。。
ちょっと大げさかもしれないが。。

今回は、納豆を食べる時の組み合わせから見る、料理力について深堀していこうと思う。

日本で安い納豆でも海外ではごちそう

「今日は納豆食べてもいいかな?」
納豆ごはんは、自分にとってのプチ豪華な献立だった。
普段は人に食べさせるシェフの仕事をしているのに、「納豆で贅沢なの?」なんて言わないで欲しい。

日本と違って海外では、納豆を買いに行くのにはバスに乗って日本食スーパーへ、という生活である。
納豆だけ買いに近くのスーパーまでちょっと行ってくるというワケにはいかないのである。

そんな貴重な納豆を食べるときは、
「納豆ごはんを出来るだけ美味しく食べる」
ベストな献立にしたいものだ。

ロンドンにいた頃の私は、納豆ご飯を食べる時には「絶対にこれがなくっちゃ」というものがあった。
納豆はこれと一緒に食べるべきの自分ルールが存在したのだ。

多分、こういうルールを持っている人って多いんじゃないのかな。
納豆は「自分ルール」が多い食べ物じゃないかと思う。

おいしい納豆組み合わせ

納豆を食べるならコレがなくっちゃ。
私がお気に入りの納豆のお供は、

納豆+ニンジンスティック&マヨネーズ

納豆を食べる時の理想の相方はこれ。
納豆に混ぜるのではなく、別盛りで納豆ごはんと一緒に食べる。

ニンジンは他の野菜ではなくニンジンでなくてはならないし、
マヨネーズも下手にゴマドレッシングなんかではダメ。
マヨネーズでなければならない。

まったく自分勝手な理由としては、

  • 納豆とマヨネーズを一緒に食べると、納豆の粘りを強く感じる。
  • 純粋に、ニンジンスティックとマヨネーズの組み合わせはウマい。(ニンジン好き)
  • 生ニンジンのポリポリ食感は、ネバネバ食感に相反すフレッシュな食感を与えてくれる。
  • 生ニンジンの甘味は醤油ベースの納豆ごはんにあう。

すべて「と、思う」という私自身の意見であることをご了承いただきたい。

これに味噌汁があって、ちょっとした副菜があればもう充分。
パスタを山盛り食べた時よりも、腹八分目でも満足なのだ。

「それだけ滋味があるんだな」
と、粗食でもちゃんとした和食を食べているといつも感じた。

他の組み合わせでは、

納豆+キュウリ千切り+ゴマ油とゴマ
若い時に凝ったのはキュウリと納豆の組み合わせ。

私は食感オタクなので、口の中に相対する食感が存在した方がおいしいと感じるタイプ。
納豆とキュウリの組み合わせも、私の好みからすれば理にかなっている。

ただし、あまりにウマいと思ってキュウリの量を増やしてしまうと、納豆がメインなのかキュウリがメインなのか分からなくなってしまう。
キュウリを入れすぎた結果、納豆のネバネバが無くなってしまい、逆にマズくなってしまったという経験もある。

納豆+梅肉
梅肉のタレがついた納豆を食べた時は、ウマいと思った。
で、納豆と梅干を叩いて混ぜてみた。
やっぱりウマい。
梅干しはハチミツ梅がおすすめ。

納豆との組み合わせは料理力の縮図のよう

今回こうして納豆との組み合わせをいろいろ思い出し、考えていたら、
納豆の組み合わせを考えるということは、料理力の縮図のようだなと思った。

私の場合、こうして見てみると、自分がウマいと感じるポイントが見えてくる。
白いごはんと納豆。
これは変わらない。

そこに何を追加するかというと、
全て、

納豆とは全く違った食感と味の組み合わせ

ということになる。

白いホカホカのごはん
ネバネバ納豆(味は醤油ベース)

ここに、私の場合は、

マヨネーズという納豆には無い油脂
ゴマ油という納豆には無い油脂
生のニンジンのポリポリとした食感
納豆にはないほのかな野菜の甘味
生キュウリのシャキシャキ食感
ハチミツ梅干しの甘酸っぱさ

という感じ。

これが
納豆+長いも
だったらどうだろう?

どちらもネバネバ。
味もどちらもあまり自己主張はなし。

オクラの場合は同じネバネバでも、そこにシャキシャキが加わる。

あえて違う味、違う食感、違う質感を合わせるからこそ、お互いを引き立てることができる。
私はそう考えている。
そして事実、色々と違う栄養素も自然ととれるようになっていると思うのだが。

これらを元に、納豆に混ぜず、納豆ごはんを食べながらつまむ副菜を作ったら写真のようになった。
キュウリと梅干のゴマ油和えだ。

キュウリ薄切りを塩でもんで。
水で洗って絞る。
梅肉、ごま油とゴマを混ぜてみた。

もちろん「美味しいと感じるポイント」は人それぞれだ。

どんなものを食べた時に自分は美味しいと感じたか?
どうして美味しいと感じたのか?

そんなことを気にしてみると、自分の好みがわかってくる。
そして自分が美味しいと思えば、たいてい人が食べてもおいしいと言ってもらえるだろう。
かなり奇をてらったモノでない限りは。

なので、自分の味覚を鍛えるということは、料理のテクニック以前にとても大切なことなのだ。

納豆+の組み合わせから分かる美味しいものを作る料理力 まとめ


今回は、
「納豆ごはんに何が合うか組み合わせを考えることは、おいしいものを作る料理力の縮図のようだ」
ということについて書いた。

白いごはんと納豆。
そこに何をプラスすれば、おいしく食べられるのか。

人によっておいしいと感じるポイント色々。
私の場合は、多様な食感が入り混じっていた方がおいしいと感じるし、
味も似たようなものを合わせるより、お互いを引き立てるようなモノを合わせた方が良い味のアクセントとなると思っている。

自分がどのような味を美味しいと思うのか。
味覚は味そのものに限らず、食感だったり、香りだったりする。

「お、これは美味しいな」と思うものに出会ったら、どうして自分はその味を美味しいと思ったのか、食べたものをチェックしてみるといい。

余程の味覚障害でない限り、自分が美味しいと思えば、たいていの人は美味しいと思っている。
自分に美味しいものを作ってあげられるなら、人にも作ってあげられるということになる。

テクニックの前に、ちゃんとしたものを食べ、ちゃんとした味覚を身に着ける。
おいしい料理を作る出発点はここなのかもしれない。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました