マッシュルームストロガノフでベジタリアンでも満足な一皿

今日は12月24日。クリスマスイヴです。

イギリスやその他ヨーロッパ諸国では、一年の中で一番重要な行事。

世のお母さん達は、日本の大晦日さながらの忙しさになります。

クリスマスの為の買い出し、家の飾り付け、親戚などを迎えるために掃除。

イギリスでは、25日のクリスマスは、スーパーなどのお店も全て閉まり、バスや地下鉄も運休となります。

町中がしーんと静まり返る日。

私は以前、ホテル勤めをしている時、6年連続でクリスマス勤務となりました。

ホテルは365日、24時間開いてますからね。

ホテルということもあり、その日勤務する従業員は、ホテルの部屋に数人単位で缶詰め状態。

外に食べに行かれない宿泊ゲストのために朝食から夕食、ちょっとしたエンターテイメントまで提供します。

私はホテルに泊まって仕事するのが嫌だったので、当時の大家の息子の自転車を借りて、毎年クリスマスの6年間は自転車で通勤していました。

普段はロンドンバスがブンブン走って、自転車乗るのが怖い道路も、バスが走っていないし、車も少ない。

私にとっては、年に一度の好きな自転車に乗れる日でした。

そんなクリスマスを明日に控えた、今日のクリスマスイヴ。

今年最後の、ベジタリアンクリスマスディナーのレシピを紹介したいと思います。

今回は「マッシュルームストロガノフ」。ビーフストロガノフのベジタリアン版です。

マッシュルームストロガノフ


ご存知、ビーフストロガノフはロシアの有名な料理。

ロシア料理って気づいてないだけで、知っているものがいろいろある。

ヒーフストロガノフの特徴といえば、サワークリームを使う事。

今回のマッシュルームストロガノフにも使っていますが、さっぱり食べられるのがいいですね。

生クリームよりも重くなくていい。

米と一緒に食べるのも、私達日本人に合っているのではないでしょうか。

そしてサワークリームは生クリームよりも安い!

手に入るキノコ類を使って、結構「手をかけた感」のある一品が出来上がります。

マッシュルームストロガノフに使うキノコ


マッシュルームストロガノフに使うキノコ類は、何がいいのでしょう。

マッシュルームというから、マッシュルームなんじゃないの?

はい。そうですね。

でも、シイタケだって、シメジだって英語にすれば

「Shiitake mushrrom」、「Shimeji Mushroom」

となります。

今回私は、白い小さなボタンマッシュルームを切らずにコロコロとした丸のまま。

そしてブラウンマッシュルームはスライスではなく4つ切りにして使ってみました。

別にスライスにしたっていいけど。でも、

ゴロゴロとした感じがボリューム感を出してくれます。

日本では、シメジなどがマッシュルームより安くカンタンに手に入りますよね?

なのでシイタケ、シメジ類でもぜんぜんOKだと思います。

いろいろミックスした方がレストランクオリティーに近づきますよ。

今回も試食しましたが、「うまいな・・」と独り言ちながら美味しくいただきました。

キノコ好きには試してもらいたい一品です。

マッシュルームストロガノフ レシピ

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
【材 料】(2人分)
ミックスマッシュルーム300g
玉ねぎみじん切り100g
にんにくみじん切り大さじ1/2
バター
サラダ油
20g
10g

ベジタブル固形ブイヨン
200ml
1/2個
ウースターソース大さじ1
西洋マスタード小さじ1
パプリカ小さじ1/2
サワークリーム60~80g
バターライス
バター炊いたご飯一合に対し10g

【作り方】
➊ご飯は普通に炊く。
炊きあがったらバターを落とし、そのまま蒸らす。
バターが溶けたら全体を混ぜて、バターライスを作る。

➋ミックスマッシュルームは食べやすい大きさに切る。
マッシュルームだったら4つ切り、小さなものはそのまま、又は1/2に。
シメジなどは石づきを落としてそのまま。
しいたけは厚めのスライスにカット

➌フライパンを熱し、バターとサラダ油を加える。
キノコ類は強火で炒め、色と香りを出す。
キノコに色がついたら、火を弱め、中火にし玉ねぎのみじん切り、ニンニクを加え、焦がさないようにしんなりするまで炒める。

➍水とベジタブル固形ブイヨンを加える。
マスタード、ウースターソース、パプリカも加え、ひと煮立ちさせ、2分煮る。

➎火を止めてから、サクリームを加え、味見をして、塩コショウで味を整える。

➏皿にバターライスを盛り、マッシュルームストロガノフをかけ、好みで刻んだパセリ、色味でパプリカをふる。

マッシュルームストロガノフ ポイントとまとめ

上手につくるポイントをいくつか。

☑マッシュルームは強火で香りと色をつけましょう。

マッシュルームはフライパンに入れた時に「ジュッ」と音がするくらいの方がいい。

なので、先に玉ねぎを入れてしまうと焦げてしまいます。

先にマッシュルームに色を付け、その後、火加減を落としてから玉ねぎとニンニクを入れる。

又は、一度強火で炒めたマッシュルームを取り出す。

玉ねぎ、ニンニクを炒めて、その後マッシュルームを鍋に戻すのでもいい。

☑サワークリームは火から下ろしてから加える。

煮えているところにサワークリームを入れると分離してしまいます。

サワークリームを加えるのは最後。

サワークリーム以外の材料に火が入ったら、フライパンを火からおろし、そしてサワークリームを加えるようにしましょう。

最後の味見、塩コショウも忘れずに。

☑色味に工夫して

マッシュルームは一度火を入れると、茶色なジミーな色になってしまいます。

仕上げにパセリの刻んだものの緑色。しあげにふるパプリカの赤色など、盛り付けにも気を使ってみてください。

ちょっとした緑の野菜をゆでて添えても、サラダをちょっとつけてあげても、また見た目が良くなりますので、いろいろ工夫してみてください。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました