ロックダウンのロンドン 今一番忙しい仕事は?

はまちゃんです。

ロックダウン中のロンドンからこんにちは。

ロックダウンはしたものの、街にはけっこうな人が出ています。
はじめのロックダウンに引き続き、
もう、これ以上はガマンできん!!
ということか。。

「こんなんじゃロックダウンする意味がない」と言っているのは、友人のゆみこさん。

ロックダウンしてから、生活に直接関係ない店は閉店。
レストランもカフェもデリバリーのみの営業となった。

生活に直接関係あるものってなんだろう。

食べなきゃいけないからスーパー。
トイレットペーパーなどを売っている日用雑貨店。
病院や薬局。
銀行や郵便局。

など。

こんな中で、ロックダウンになってから、にわかに忙しくなった業界がある。

デリバリー業界全盛 ロックダウン中のロンドン

それは、
デリバリーするドライバー達。

テイクアウェイ、デリバリーはロックダウン需要といっていい。

自転車で。
バイクで。
街にはやたらとデリバリーする人の数が増えたように思う。

私もデリバリーのオーダーをもらった。
今日は早朝から料理にとりかかったよ。

大人の男三人用の食事。
食事といっても、多分「飲み、食い会」だろう。
金曜日だし。

全7品作って、お届けしてきた。

作ったのは、

酒のつまみように、

  • キムチと油揚げの和え物。
  • そして

  • クリームコーンスープ。
  • サツマイモとひき肉の煮物。
  • スパイシータンドーリチキン。
  • マーボー茄子春雨。
  • ワカメと豆腐のサラダ タヒニドレッシング。
  • ブロッコリーとゆで卵、フィッシュフィンガーサラダ ペストソース

お届け先は日本人だが、和食ばっかりじゃ他と同じ。

和食、中華、韓国、インド、洋食

とバラエティーを持たせてみた。
ご飯は、マーボー茄子春雨、煮物で食べられるし。

あとは、酒を飲みながらつまめるように。
野菜もたっぷりにしてみた。

毎日誰かの誕生日 ロックダウンでもお祝いするよ

単身赴任の駐在員は、一軒家じゃなくて、マンションみたいなところに住んでいるのが多いのか。
私がデリバリーした方も、そういうところにお住まい。

まるでホテルのようで、建物に入るとレセプション(受付がある)
見ると、横に置かれたテーブルの上には、デリバリーされたものの数々。

一番目を引いたのは、大きなケーキ。

大きすぎて箱が無かったのか、箱2つを使って底の部分、フタの部分、高さをつぎ足しして入っていた。
ラップでぐるぐる巻きにされていたので、中身はバッチリ見えた。

これは絶対バースデーケーキ!
箱には花火まで付けられている。

毎日誰かの誕生日。
ロックダウンだってなんだって、誕生日の人は絶対にいる。
なので、今までのようにケーキ屋さんで買えなくなった人達は、こうしてデリバリーでケーキをオーダーしている。

そしてロックダウンにより、デリバリービジネスに参入した人のなんて多いことか。

私のイギリス人のシェフメイト、ケヴィンもそんなひとり。
飲食業界が決定的なダメージを受け仕事を失った彼。
得意のパイ(ポークパイとかチキンパイ、イギリス人の好物)でデリバリービジネスを始めた。

けっこう忙しいらしい。
いいことだ。
それでも、
「難しいよ。コロナで半分の人が家の中に隠れてしまっている」
と言う。

そうは言いつつも、デリバリー用のバン(トラック)を購入した彼。
見込みがありそうと踏んだから購入したのだろう。

今立てるかどうか 起業するなら切羽詰まった今が大きなチャンス

これからもロンドンのロックダウンは続き、クリスマス後には第3のロックダウンになるのでは、と話している私達。
苦しい想いをしている人が大勢いるだろう。

でも見方を変えれば、逆にチャンスとなる。
そう、起業するための。

切羽詰まった状態で、行動できるのか、家の中に閉じこもって嵐が過ぎるのを待っているのか。
もう、このギリギリの後がない状態で、行動できなければ自分のビジネスを持つのは難しいだろう。
自分にかかっている。
行動できるか、どうか。

自分の得意を使って、雇われる人生におさらばして独り立ちするのか。
そうでなく、一生雇われで終わるのかは自分次第。
これ、私、自分に言ってるよ。

こんな状態に当てはまっている人、結果は行動することで付いてくる。
これを心に寒いヨーロッパの冬を乗り切っていこう。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました