パイナップルのおしゃれな切り方  パーティーなとで見栄えがいいフルーツ盛り合わせなどに

女友達にウケること間違いなしのパイナップルの飾り切りと栄養のウンチク

今回はいつもと違ってワザ編です。

パイナップルを買ったので、パーティーなとで見栄えのする、「おしゃれなパイナップルの切り方」について書いていこうと思います。

昔、パイナップルと言えば缶詰でした。。
(歳がばれますが)

最近では日本でも、生のパイナップルがスーパーで手に入るようになりました。
葉っぱがワシワシ付いている生のパイナップルは大き目で、見映えのするフルーツ。
皮部分も捨てずに使うとホテルのビュッフェのような豪華さを演出することができます。

大勢が集まるパーティーなどで、デサートがうまく作れないなんて時は、フルーツをきれいに切って盛り付けしてあげるといいかもしれません。

パイナップルが好きな女性は多いと思います。
私も好きなフルーツの一つです。

パイナップルにはビタミンCやビタミンB1が多く含まれる果物。
果物にビタミンCが多いのは普通ですが、パイナップルの特徴は食物繊維の多さとブロメラインというタンパク質分解酵素を含んでいること。
調べてみると「腸内をきれいにする」=「便秘解消」ということにつながるそうです。

個人で食べるのもモチロンいい。

でも、女友達の集まりなんかで、パイナップルの飾り切りとともに、栄養・効能のウンチクなんて話してあげると盛り上がるかもしれません。
色の違う他のフルーツと合わせて、パイナップルを可愛く演出してみてください。

パイナップルのおしゃれな切り方How to cut a pineapple

おしゃれなパイナップルの飾り切りまとめ

パイナップルの飾り切りと盛り付けのまとめは。

葉っぱも含めたパイナップルの飾り切り、パイナップルボートを作る場合は、葉っぱの部分がきれいなものを選んであげてください。
葉っぱの部分が枯れて茶色かったりすると、見た目ダウンです。
青々として、ピンとした葉っぱのものを。

刃先のとがった包丁を使いましょう。
果実を皮部分から取るために、奥まで包丁が届く必要があります。
先のとがっていない、菜切り包丁、三徳包丁だとやりずらいですね。
牛刀で大きなカット、ベティナイフで小さなカットをやるとやりやすいと思います。

盛り付けは、色の違うフルーツと合わせてカラフルに演出。
動画の中では、私はイチゴとブルーベリーを使いました。
そしてマイクロミントのグリーン。
反対色のモノを合わせることで見栄えがグンと違います。

動画では、1/4に切ったパイナップルボートをひとつ作りましたが、二つ作って反対に並べてあげると豪華に。
例えば、四角の皿に盛るとしたら、一つを葉っぱ部分を皿、右上の角から。
もう一つのパイナップルボートの葉っぱ部分を、皿、左下から。
お尻とお尻が皿中央で交差する感じ。
二つを対角線において、その周りに他のフルーツを飾ってあげるといいと思います。

「パイナップルのお尻、葉と実がつながっているところは固いので、気を付けて作業してください。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました