使っていないドライヤーが勝手に動き出す ギリギリセーフで助かったはなし

あなたには、あるかな?

「見られている」って瞬間。
「守られてるな」っていう瞬間。

私は今日あったよ。

あかげでギリギリセーフ。
よかった! ってことがあった。

今日は、
料理でもなく、
ロンドンでもなく、
英語でもなく、

ちょっと趣を変えて、起こった出来事を書いてみたい。

ありがとう! ギリギリセーフ

このフラット(イギリスでアパートの意味)を出ることが決まって色々バタバタ。

そんな中、隣の家から日本のカツカレー6人分作ってくれと注文があった。
隣人はボスニア人の夫婦。
忙しいけど、仕事が入るのは嬉しい。

作ったのは

チキンカツカレー
コロッケカレー(ベジタリアン用)
ブロッコリーとキャベツのサラダ、ゴマドレッシング
卵なし、乳製品なし、グルテンフリーのブラウニー

✅チキンをパン粉付けし、
ベジタリアン用の2つはコロッケにした。

ちなみにロンドンのカツカレーはチキンとなっている。
宗教上、豚肉を食べない人が多いためと思われる。

✅サラダとゴマドレッシングは作って既に盛り付けは終わり。
冷蔵日に入っている。

✅デザートの卵なし、乳製品なし、グルテンフリーのブラウニーも作ってカット。
箱に詰めた。

あとは、温かい食べ物、カツカレーだけ。

ウチは炊飯器がないのでご飯は鍋炊き。
保温が出来ないので、

カツ、
コロッケ、
カレーソース、
ご飯

は、一緒に出来上がらないといけない。

カレーは作ってあるから温めるだけ。

問題は、揚げ物だった。

大きなチキンカツ4枚、
野菜コロッケ 2人分4枚。

大きなフライパンでやったって、
コロッケ一回、
カツ2枚で1回。
計3回揚げ物をしなくてはならない。

揚げ上がったものは、バットにのせて、オーブンの中に。
温かく保つ。

3回目、最後のカツを揚げている間に、鍋炊きご飯が蒸らし終わった。

触ってないのに急に動き出す電化製品

6つのテイクアウェイボールを広げ、ご飯を詰め始める。

テイクアウェイとは、テイクアウトのイギリス英語。
テイクアウトはアメリカ英語。

キッチンが狭いので、部屋のテーブルの上に、ボールを広げる。
五穀米を詰めている時だった。

ウ、ウウ、ウィィ~ン!

「は?」

「なんの音?」

と、思ったらドライヤーが勝手に動き出していた。

「なんなのさ・・。」
と思いドライヤーのスイッチを切る。
スイッチは切ったはず。
使ったのは、昨日以来。

ここまでだったら、電磁波の影響とか、いろいろ話はある。
スピリチュアルな話なんかじゃないよって。
検索してみても、そういう事例はあるようだ。

しかし、ドライヤーを止めた後のことで、
「ああ、これは・・」
と思ってしまった。

ドライヤーが勝手に動き出して、気づいた。

「あっ! カツ! 」
急いでキッチンへ。

ギリギリセーフ。
あのまま、ボールにご飯を詰めていたら気がつかなかった。
あと30秒遅れていたら、焦げてしまっただろう。

隣に届ける時間はあと30分。
焦がして、新しいの作ってたら間に合わなかっただろう。

すぐさま、
「ああ、叔母か、叔父さんだ」
と、思った。

多分、叔父。

私の亡くなった叔父も調理師だった。

うちは、どうやら職人系の家系らしく、
祖父は植木職人、
叔父は調理師、
私はシェフ、
そして弟はパティシエだ。

誰もいない部屋で、
「叔父さんか、叔母さん、ありがとう~!」
と大声でお礼を言う。

もし仮に違ったって、「ありがとう」と言うのに一銭もかからない。
「ありがとう」という言葉は、言って損する言葉ではない。

なぜ、叔父か、叔母かと思ったのか。
実はほんの2日前、叔父、叔母のことを思い出し、ひとりでビェーンと泣いていたのだ。

「呼んじゃったかな?」

そんな風にも思った。

私は霊感などは全くないが、

別の叔母が亡くなったことを、母が電話で知らせてくれる直前に、部屋の電球が突然切れた。
なんてこともある。

ぜんぜん怖くないし、
ここに断っておくが、私は「信じる方」であるということ。
一時帰国時には、必ず墓参りに行く。

他力本願は、ボーっと待っててもやってこない

今の私の生活はギリギリ。
毎日毎日やることが多すぎて、よく脳みそパンクしないよなと思うくらい。

引っ越しの断捨離と日本への帰国。
ブログも書かにゃいけない。
単発の仕事にもいかなくっちゃ。

もう時間区切って、

12時までは、これに集中。
昼間の陽のあるうちはアレをやって、
夜には、これと、これをやろう。

って感じで、区切って脳みそ働かせないと、いっぺんにいくつも考えられない。

「そんなバタバタしながら、なんとかやっている姿を見ていてくれているんだな。
姿は見えなくても・・。」

そう感じた。

苦しくても前へ進んでいこう。
他力本願とは、自分自身が努力したうえでやってくる力。

大丈夫。
頑張ってやっていれば、絶対見ていてくれる存在はいる。

もちろん見える存在と、
そして、目に見えない存在と。。

出来上がったカツカレー、とサラダ、ブラウニーを10分前にお届け。

「Tokie, we had curry for dinner. It’s lovely」
「カツカレーでディナー食べたよ。おいしいわ~」

と隣からメッセージ。
やっと終わってホッ。

さて、次は無ブログ書かなきゃ。

いや、その前にブラウニーの撮影だ。

洗い物もしなきゃ。。

1個のことをゆっくり考えているヒマもない。
終わったものは、どんどん流していく。

ときどき途方にくれるけど。
でも、なんとかかんとか終わっていく。

この忙しいのも、あと10日程。
頑張ります。。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました