イギリス英語 文法の勉強はこの参考書がいいよ

こんにちは、はまちゃんです。

日本で教えられている英語は、アメリカ英語、米語が主ですね。
もし日本で、イギリス英語を勉強したかったら、英会話学校とか選ばないといけない。

もちろん、発音とかは先生と一緒がいい。だけど、

文法は自分自身で勉強できる。

イギリス留学を考えている人は、どんな参考書使っているかなあ?

今回は、私も使った。
そして、イギリスに語学留学する生徒のほとんどは知っているという、文法の参考書を紹介する

語学留学生の間で知られた存在の、赤本、青本

在英がもうそろそろ20年に届きそうなのに、まだ手元に持っている英語の参考書。
それは、赤本、青本の愛称で知られていた、

>ケンブリッジ大学から出ている

English Grammar In Use

A self-study reference and practice book for intermediate students
with Answer.

Raymond Murphy 著

赤本は初級
青本は中級

私は赤本は捨ててしまったが、この青本はまだ手元にとってある。
ちょっとした細かい文法が、「あれ、ここどうなの?」って時に役立つと思ったから。

ネットで検索すればいろいろ出てくる現代だが、ネットだけだとどうしても自分の欲しい情報に行きつけない時がある。
そんな時は、やっぱり紙の本(テキスト)かな、と思う。

この参考書は、その当時、どこの英語学校にいっても買わされた参考書といっても過言ではない。
学校側もかなり活用していた。

授業の内容もここから出ていたこともあるし。
宿題もこれをコピーしたものが使われていたりした。

文法の勉強は一人でできるし、これが理解していればだいたいOKみたいなところはある。

English Grammar In Useの内容

ケンブリッジ出版から出ている、このEnglish Grammer In Use。
内容はどんなものだろうか。

  • 見開きで1つの文法の勉強ができるようになっている。
  • 左のページに文法の説明。
  • そして右のページに練習問題。
  • 参考の最後には答えがあって、自分で答え合わせができるようになっている。

この参考書、正直いって左の説明の部分をこなすのが大変だった記憶が私にはある。
英語の成績が2だった私である。
しかし、この参考書には、ぜったいに英語力がのびるヒミツがある。
それは。。

全部英語で書いてある

当たり前だけど、全部英語だよ

そう、文法の説明もすべて英語。
その説明文に、分からない単語が出てきたら、それを調べながら読み進めなくてならない。

え゛~、面倒くさ~い!!

そう、面倒くさいのだ。
でも、英語を勉強しにくる生徒は、みなこうやって勉強してたよ。
私も辞書を引きながら説明文を読み、そして右ページの問題を解いていた。

なんでもそうだと思うけど、自分のモノにするのにカンタンなモノってないよね。
子供のころから親の仕事の関係で、海外で生活してきたわけでもない。
そんな私は、そうやって勉強するしかなかった。
そして、日本人の友達も、他の国から来た生徒も。
みんなこの参考書を使っていた。

全部英語?
いゃ~、できるかな。。
そうはいっても、そこはちゃんと考えてくれている。
イラストが入り、会話形式になっていたりで分かりやすい。

それが語学学校がテキストとしても使う理由だろう。

ちなみにこの参考書は

初級
中級
上級

とある。

私達はロンドンに来てから買ったが、日本にいてもアマゾンで手に入る。

今調べたが、ナンバーワン ベストセラーらしい。

いろいろな参考書を買うくらいだったら、これ一冊やればいいんじゃね
って思う。

興味のある人がいたら是非調べてみて欲しい。

英語を話せるようになるのにベストな環境とは

私はシェフ。
英語の先生でもなければ、通訳もできない。

でも、仕事で英語で口喧嘩もする。

よく、
英語で口喧嘩できるようになればたいしたもの
という。

私も良くここまで来たなと思う。
ひとり言も英語の時がある。

語学をものにするのに絶対に必要な環境というものがある。
英語がまったくダメだった私が言うよ。

それは、

英語を話さなければならない環境に身を置くこと。
これに限る。

ロンドンに来て、日本人の友達とつるんでいて、家に帰ったら日本語のYoutubeを見る。
ダメだね、こりゃ。
いくらロンドンにいて、英語学校に通っていても英語はうまくならない。

話さなければならない環境を作らなければ。

お金もらう立場だったら、なんとしても英語話さないとね

英語学校に行くならお金を払う。
私達は、学校側にとってお金を払っているお客様なのだ。
なので、学校内で英語が話せなくたって、大したことはない。

しかし、これがお金をもらう立場に逆転すると、事態は一変する。

私が英語を話さなければならない状況だった時。

それは、仕事だった。

当時の法律では、学生でも週に20時間アルバイトは許されていた。
日系のレストランで働くことは、最初から頭になかった。
ローカルの、現地人がいるレストランで働きたかった。

言葉はダメでも調理の現場で働いてきた経験はある。
「自分はやれる」
自分を信じるしかなかった。

しかし、イギリスで働いた経験がなく、仕事を見つけるのは至難の業だった。
何度泣いたことか。。
しかし、一度ローカルで働いてしまえば、後はラクだった。

慣れたら英英辞書を使うように言われるよ

 

ある職場。
そこでは、ぺイストリーをやって欲しいと言われた。
毎週デザートのメニューがかわる。

週ごとに新しいレシピを渡されて、
「これを作って」と言われる。

もう、仕事には小さな辞書持参でいつも行っていた。
スマホなんてなかったよ。

お陰でその辞書は、手の垢で汚れに汚れた。
いつも引いていたからね。

こんなことをしていたからか、英語のレシピはなんなく読めるようになった。

「やらなければならない」
「話さなければならない」

この状況は人を大きく成長させる。

その時は大変と思うだろう。
でも、何かを習得するには、絶対大変な想いをするのだ。
それを大変か、大変じゃないかと思うのは自分次第。

どうせ大変な想いをするんだったら、早めにしてしまおう。
その方が後が楽だ。

語学は文法を理解していたほうが、後がラク。
そう思う。

このEnglish Grammar In Useは、そんな人の役に立つだろう。
中級の青本が難しかったら、初級の赤本からやったらいい。

1日1ページやったら、4か月くらいで終わるんじゃないか?
将来イギリスに留学したい。
そんな風に思っているのだったら、1年前くらいからやっていればかなり違ってくる。
そう思うよ。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました