カッテージチーズの美味しい食べ方 パンとフルーツで朝食に

こんにちは、はまちゃんです。

前回の記事ではカッテージチーズを手作りしてみた。
レンネットを使わない、ベジタリアンでも安心して食べられるホームメイドのカッテージチーズ。

せっかく作った手作りカッテージチーズ。
どんな食べ方があるのだろう。

今回は、カッテージチーズの美味しい食べ方。
フルーツと組み合わせて、パンで食べてみようと思う。

朝食に良さそうなので、いろいろやってみて欲しい。

チーズとフルーツは相性抜群

チーズ好きの人は、普段どんな風に食べている?

知っているかもしれないが、チーズとフルーツは相性バツグン。
ベストフレンド同士なのだ。

チーズを良く食べるヨーロッパの人達。
彼らはチーズとフルーツを良く組み合わせている。

イギリス人のチーズの食べ方

ロンドンでのシェフの仕事では、よくチーズの盛り合わせを提供していた。
パーティーなどの大勢の集まりなら必ずチーズが最後につく。

大きな木製のボードに数種類のチーズを盛る。
そして、その時に必ずチーズのお供として提供するものは、

  • 生セロリやキュウリ
  • チーズクラッカー
  • クルミなどのナッツ類
  • イチジクなどのフルーツ
  • クインス/Quinceやチャッツネー

など。

チーズクラッカー
チーズと一緒に食べる素朴な味のクラッカー。
リッツみたいなものと思ってくれればいい。
イギリス人はオーツから作られたものがお好み。
クインス(Quince)
花梨から作られたゼリー状のモノ。
クラッカーにチーズ、クインスをちょっとつけて食べる。

塩気の効いたチーズとそれを和らげるクラッカー。
そして甘味のあるフルーツやクインスはチーズ単体で食べるより、ずっと美味しくしてくれる。

そして油を含み、まったりとした食感のチーズとシャキシャキした野菜は食感的にもよく合う。

こんな事を知れば、チーズをどう応用すればいいのか、いろいろとアイディアが浮かぶと思う。

なので、
手作りカッテージチーズとフルーツを組み合わせて朝食に
ということで考えてみたい。

生のフルーツとカッテージチーズのオープンサンド

生のフルーツとカッテージチーズを合わせて。
もう文句なしに合うのがリンゴ。

クリーミィーなカッテージチーズに、みずみずしくシャキシャキの歯ごたえは合わないわけはない。
クルミを散らすと、また別のフレーバーが加わって良し。
ハチミツをかけてみた。

バナナでも同じように作ってみた。
バナナは常備している人も多いと思うし、切るのもカンタンなのでお手軽な一品。

その他、パイナップルなんかも合うと思う。
少し甘味の強いフルーツが合うと私は思っている。

煮たフルーツ ジャム・コンポート

コンポートなど火を通したフルーツも相性がいい。

自家製ジャムやコンポートのいいところは、保存が効くところ。
生のフルーツがキッチンになくても、コンポートやフルーツゴロゴロのジャムがあれば手軽に作れる。

フルーツがたくさん手に入ったら、保存用にコンポートやジャムにしておくと良いかもしれない。

私は冷凍のブルーベリーがちょっと余っていたので、砂糖で煮てみた。
使ったのはクルミ入りフランスパン。
これがよかった。
柔らかく、クリーミィーで甘酸っぱいのが口の中に広がり。
そこにクルミの香ばしさとカリカリは旨かった。

ちなみにベーグル、クリームチーズ、マーマレードは私の好きな組み合わせのひとつ。
カッテージチーズとマーマレードも是非試して欲しい。

ナッツやシードをふりかけて風味をプラス

カッテージチーズとフルーツのオープンサンドが出来たら、もうひとプラス。
クルミやアーモンドなどのナッツ、
チアシードやパンプキンシードをふりかけてみる。

木の実という別のものが加わり食感、風味、栄養もよくなる。

手に入りやすいものだと、

スライスアーモンド
クルミ
カシューナッツ
パンプキンシード
チアシード
ココナッツ

など。

カッテージチーズとフルーツ、パンまとめ


今回は手作りカッテージチーズを美味しく食べる方法。
フルーツを使ってオープンサンドにしてみた。

もちろんオープンサンドでなく、サンドイッチにしてもいい。

食パンだけでなく、ベーグルやフランスパンなど、パンを変えても目先も変わる。

おいしくするコツは、それぞれ異なった材料を使い、食感、味を組み合わせること。

  • モソモソのパン
  • クリーミィーなカッテージチーズ
  • 甘酸っぱいフルーツ
  • 香ばしく、カリカリのナッツ

という感じ。

キレイに作れば、人に出してあげても恥ずかしくないと思う。
おまけに手作りカッテージチーズなら、
「わぁ!!」
と言われることうけあい。
お好みのフルーツで、お好みのパンで、おいしく作ってみてください。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました