マヨネーズなし『ニンジンサラダ』の作り方 手作りドレッシングでささっと出来る

あなたは、どんなサラダが好きだろうか?

サラダを嫌いな人はあまりいないと思うが、
どんな野菜の、どんなドレッシングのサラダが好きだろう?

私は人参がかなり好きで、冷蔵庫にニンジンが無くなってしまうと不安になる方。
一時期は食べすぎて、手が黄色くなってしまったことがある。。

今回はニンジン好きな私が、

『マヨネーズなしで作るニンジンサラダの作り方』

をやってみたいと思う。

サラダは好きと言っても、世の中にはマヨネーズを食べられない人もいることだろう。
そうなるとサラダ作りのパートナー、マヨネーズなしのドレッシングでサラダを作らないといけない。

どんなドレッシング考える?
お決まりの和風ドレッシング?
ゴマドレッシング?

日本に一時帰国で行くと驚くことがある。
それは、市販ドレッシングの膨大な種類の多さである。
驚きを通り越して、恐ろしさを感じる。

食品添加物や保存料が多く使われた市販のドレッシング。
健康にいいからとサラダを食べていても、毒を食べてちゃ本末転倒。

「ドレッシング、自分で作れば何を使っているかわかるし安全。それに安いのになぁ・・?」
というのが、正直な私の感想。

何本も市販のドレッシングを冷蔵庫に用意するより、
ドレッシングの材料となるものを所有していた方が、経済的にも健康的にもいいと感じるのは私だけだろうか?

元となる材料さえあれば、いくらでもアレンジがきくのに・・。

今回のニンジンサラダは、キッチンの棚にあるもので、ちゃちゃっと和えられるドレッシングで作れるぞ。

女性はニンジン食べた方がいいよ

サラダの主役となるのはニンジン。
ニンジンは女性にとって食べるべき野菜である。

ニンジンはβカロテンを多く含む野菜。
βカロテンは、体の中でビタミンAに変化する。

ビタミンAは、体の中でどんな働きをするのだろう。

ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保つ。
健康できれいな肌を維持したければ、ビタミンAをとるべき。

そして安価で手に入りやすいニンジンは、食べない理由がない野菜だと思う。

 

ビタミンAを上手に摂取するには?

ビタミンAは熱に強い。
料理しても壊れにくいという特性をもっている。

今回は生で使うのだが、覚えておくと良いだろう。

そして油と一緒に食べると吸収率が良くなる。
という特徴もある。

なので、ニンジンをサラダオイルで炒める。
オリーブオイルでサラダで食べるは大正解。

油はダイエットに良くないから
と生をバリバリ食べるのでなく、油と一緒に食べてみよう。
その点、サラダはいけてる。

ちなみにダイエットの敵は、油ではなく糖質が大きい。
ダイエットをしている人は、油の摂取に気を遣うよりも糖質の摂りすぎに気を付けた方が良い。

知っていればバリエーションが増えるドレッシングの基礎

ドレッシングは極めてシンプルなソースである。

基本的には、酢と油。
そして塩、コショウ。

これだけで立派なドレッシングだ。

サラダの葉っぱに直接レモン汁を絞り、オリーブオイルを回しかけ、塩コショウする。
ヨーロッパの人は、こんな食べ方をよくする。

酢と油。
これに、いろいろなバリエーションが加わって、和風ドレッシングだとか、ゆずドレッシングだとかができている。

なので、自宅のキッチンにオリーブオイル、そして酢が基本あればいい。
そして、その時の気分によって、いろいろとバリエーションをつければいい。
油は、オリーブオイルをはじめ、ごま油、グレープシードオイル、クルミオイルなどいろいろある。

酢も、ワインビネガーやバルサミコ酢などさまざま。
日本のすし酢は、すでに甘味も塩味もあるので、ドレッシング作りには最適だ。

マヨネーズを使わない ニンジンサラダ


【材 料】

ニンジン2本 約210g
スイートコーン50g
パセリみじん切り適量
◆ドレッシング
粒コショウ小さじ1
ハチミツ小さじ1
レモン汁又はビネガー小さじ2
オリーブオイル大さじ1
塩コショウ少々
【作り方】
➊ニンジンは皮をむいて、粗めのおろし器ですりおろす。
(動画参照)
日本のすりおろし器は、にんにくやショウガ、大根を主にすりおろす目的で作られているので目が細かい。

海外で使われているおろし器は、いろいろな大きさ、それもサラダ用におろせる目の大きさとなっている。
最近は日本でも手に入ると思うので見てみて欲しい。
包丁いらずでサラダができる。

➋大きなボールに、ドレッシングの材料全てを合わせ混ぜる。
味見をして塩加減を調整。

➌味見をしてOKなら、ニンジン、缶詰のスイートコーンを加え和える。

全体が混ざったところでもう一度味見をし、塩加減をみて調節する。
刻んだ青味のパセリを加え出来上がり。

好みでレーズンやナッツを加えてもいいと思う。

まとめとポイント

スイートコーン入れて、ニンジンのオレンジ色と黄色、そしてパセリの緑と色鮮やかなサラダができた。
カンタンに大量にできるので、人が多く集まる時に作るといいかもしれない。

このレシピに出てくる粒マスタード。
これは私のお気に入り調味料のひとつ。
日本では、キューピーからも出ているし、輸入物も手に入る。
冷蔵庫に一瓶あれば、サラダ以外にも活躍すると思う。

和えたらすぐ食べよう。
当然だが、サラダは鮮度が命。
葉っぱでも時間をおけば萎れてしまうし、ニンジンなども乾燥してしまう。
みずみずしさが命のサラダは新鮮さが大切。

このレシピで言えば、ニンジンとドレッシングは食べる直前に合わせることをおススメする。
塩をふくむドレッシングはニンジンから水分を出させ、時間が経つとべちゃっとしてしまう。

ニンジンをおろしておく。
ドレッシングを作っておく。
これを前もってやっておいて、食べる直前に和えて出す。

ドレッシングを盛り付けるサラダボールで作っておいて、そのまま。
あとは、用意したニンジンとスイートコーンをドバッと加え混ぜる。
軽く味見をして、パセリをふって出来上がりだ。