ブラウンマッシュルームのバターグリル 計量しなくても目分量で作れるよ

こんにちは。疲れてヘトヘトのはまちゃんです。

とんでもなく忙しかった今年のクリスマス。いや、厳密にはクリスマスはまだ終わっていないんだけど、シェフの仕事としてはひと段落。

この時期はどこのシェフもみな大忙し。一年で一番の繁忙期、書き入れ時です。

クリスマス当日は、どこも家族や親せきと時間を過ごすものですが、私のやっているケータリング業は、12月に入れば、企業のクリスマスパーティーやイベントが目白押し。

デリバリーだけの仕事でなく、シェフが出張しビュッフェ形式や、コース料理を企業や個人宅に行って行います。

朝早くから夜遅くまで、みな大変でした。洗い物も半端なかったしね。

やっと自分の時間がとれて、いままで時間を作っては撮影してきたものを編集。

ブログ投稿に時間がとれるようになりました。

が、「はっ!」と思って見てみれば、すでに今日は12月24日。

ゆっくりするヒマもなく、自分をプッシュ。

撮り終えたものを編集、投稿していきたいと思います。

ブラウンマッシュルームのバターグリル

マッシュルームはベジタリアンにとって、かなり強い食材だと思っています。

肉厚だし、食感もほかの野菜とくらべて違う。

私自身がベジタリアンだった時も、好んで食べていたと記憶しています。

イギリスでは、よく目にするブラウンマッシュルーム。

秋、冬を代表する味覚として、イギリスでも、クリスマス時期には良く登場します。

日本では手に入らないと思っていましたが、最近になって流通していると知り、今日はこのレシピ、

「ブラウンマッシュルームのバターグリル」にしてみました。

野菜中心の食生活をしている人にとって、クリスマスディナーのメインとしても使える一品だと思います。

本当はポートベローマッシュルームという、手のひらサイズくらいの大きなマッシュルームで作るのがイギリスでは主流。

でも、日本では手に入らないみたいなので、ちょっと大きめのブラウンマッシュルームでやってみました。

お店で大き目のマッシュルームを見つけたら、是非作ってみてください。

計量なし、目分量で作れる簡単レシピ それなりにできるから心配なし

このブラウンマッシュルームのバターグリル、レシピがありません。

というか計量する必要がありません。

マッシュルームの大きさに合わせて、目分量で作れます。

計る手間もなく、ストレスフリーです。

なので今回は分量は記載しません。

でも、心配しないで。ちょっとぐらい多すぎても、少なすぎても、それなりに出来上がります。

写真や動画を参考に「このくらいの分量か」と思って、やってみてください。

付け合わせで華やかさを演出

マッシュルームは焼くと地味~なルックスになってしまいます。

付け合わせで色彩を考えてあげて。

今回はマッシュルームと一緒にグリルする枝付きチェリートマトの赤。

炒めたほうれん草の緑。

そして満腹感を得るための炭水化物としてマッシュポテトを添えてみました。

マッシュポテトの作り方は別記事にありますので、こちらを見てくださいね。

野菜だけでも見た目もボリュームも満足なものに仕上げてみましょう。

ブラウンマッシュルームのバターグリル レシピ

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
【材 料】
ブラウンマッシュルーム大きさに合わせて。私は大き目だったので3つ
にんにくのみじん切りとタイム(ハーブ)少量ずつ
無塩バター適量
パルメザンチーズお好みで
塩コショウ少々
パフリカあれば、お好みで
【パン粉とバターのカリカリ】
パン粉大さじ3
無塩バター10g
【付け合わせ】
マッシュポテト別記事リンクをご覧ください
チェリートマト
オリーブオイル
一人前2~3個
ほうれん草炒め適量 私は冷凍ホウレンソウを使いました
クレソンお好みの青味

【作り方】
➊ブラウンマッシュルームは、大きいのが手に入ったらぜひそれを。
小さくても量を多めにして一人前に。
マッシュルームのジクを、ポンと手で取り除く。

➋オーブンを180℃にセット。

➌逆さまにカップ状になるように鉄板に並べる。
バターを詰める。
にんにくのみじん切りとタイムを合わせたものを詰める。
塩、コショウをする。
パルメザンチーズをふる。
(あれば)パプリカを少量ふる。

➍同じオーブンの鉄板にチェリートマトを置き、上から軽くオリーブオイル、塩少々をふる。
余熱してあるオーブンでマッシュルームとトマトを約15分いっしょに焼く。

➎焼いている間に、パン粉のカリカリをつくる。
フライパンを中火にかける。
バターかオリーブオイルを熱し、パン粉をカリカリになるまで数分炒める。

➏マッシュルームとトマトは、バターが溶けて、マッシュルーム全体にいきわたり、マッシュルームの焼けたいい匂いがしてきて、トマトも少しシワシワになったら、オーブンから取り出す。

➐盛り付け
皿にマッシュポテト、ほうれん草を炒めたもの。グリルしたチェリートマト、そしてマッシュルームを盛る。
マッシュルームの上にカリカリのパン粉をふって、好みで刻んだパセリをふる。
クレソン、又は好みの青味を添える。

ブラウンマッシュルームのバターグリル

クリスマスはもうそこ!!

私もあわててこの記事書いてます。

このブラウンマッシュルームのバターグリルは、計量もなし、だいたいお家の冷蔵庫にあるもので作れます。

忙しくてクリスマス用に料理なんかできない! よーく、気持ちは分かります。

「でも、せっかくだから何か、クリスマスらしく・・」と考えているなら、カンタンにできるプラントベースのクリスマスディナーに、この一品作ってみてはいかがでしょう?

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました