「レストランに行っても食べるものがない」「友達と一緒に外食が出来ない」
近年増え続けるベジタリアンやビーガン。

さまざまな理由、きっかけがあり、その生き方を選んだことでしょう。
しかし、現実問題として、日本でベジタリアン・ビーガンとして生きていくにはいろいろな困難があります。
食べるものがない。どうやって料理したらいいか分からない。レパートリーに行き詰った。など。

そして、飲食店の対応の遅れから、友人、恋人と外食が出来ないという、大きな楽しみが減ってしまうことも起きてきます。
このサイトは、私自身が若いころ、ベジタリアン生活を10年続けた経験をもとに作りました。

「みんなと外食できなければ、ウチによんでベジタリアン料理でおもてなししたら?」ということをコンセプトにしています。
ベジタリアンの方が、栄養的に、また食事を楽しむという、「食べること」元来の楽しみを失ってほしくないという願いから出来ています。

私は、将来の進路を決める時に既にベジタリアンという道を選んでいました。
ベジタリアンであるがため「コックさんになりたい」という夢をあきらめかけたこともあります。
今、こうしてシェフとして働いていることで、お役に立てることがあれば、こんなに嬉しいことはありません。